皇紀2663年6月4日


こんにちは!
管理人この頃寝不足。
新人コンパは夕方6時半集合、
          ↓
         お食事
          ↓
        カラオケ
          ↓
        ビリヤード
で終わったのが朝の5時過ぎ、それから管理人はメンバーの送迎をしていざ福岡へ!
とても楽しかった、でも疲れた。
これの日記を合宿の写真と共にアップします。
集合からお食事までをトコさん、それ以降をちさまささんにお願いしています。
お楽しみに。

さて独り言の
「様々な聖によって「一人ぼっち」になってしまった神様は気が狂いながらも私達を愛してくれているの」が意外と話題を呼んでいるようで・・・
ここでまず謝らなければなりません。間違いがありました。
正しくは
「様々な
聖典によって「一人ぼっち」になってしまった神様は気が狂いながらも私達を愛してくれているの」
が正しい文章です。

掲示板で一人、直接で二人がこれに触れました。
ならば解説をしようじゃないか、という事で解説します。
状況は男女二人組みが話している時に宗教について話題がでてきたときです。

男  :「じゃ、あなたはギリシャ正教?」
女性:「いいえ」
男  :「じゃあ、無神論者?」
女性:「とんでもない、神は確かに存在するわ。
    大昔、神と人間は助け合って生きていたの。
    でも聖書とコーランは神を「ひとりぼっちに」してしまったわ。
    だから神は気が狂ってしまったの、たった一人で「完全な存在」になろうとして
    そして最近では誰も神の言うことを聞こうとはしなくなったわ。
    でもね、人は何かを信じるべきよ。
    「何も信じない」
    そう言ってしまう事も時には必要だけど。
    神様は気が狂いながらも私たちを愛しているんだから。」
男  :「あなたっていったい・・・」

という話を管理人が聞いたんです。
それを、簡素化した結果、独り言になりました。
話が難しい・・・でもなんとなくANDYはわかるような気がします。

久しぶりにまじめな話になってしまった・・・

では次回をお楽しみに!