1.3 トルコの歴史をちょっと勉強
前ページ 目次 次ページ

トルコの国を見るのに、まずその歴史を簡単に知っておくのもいいかもしれない。


B.C.1900
  〜1190
ヒッタイト王国 アナトリア最初の統一王国(北方系民族)。
鉄器を初めて使った民族。
  新ヒッタイト ヒッタイト帝国崩壊後、各地に国家が分立。
フリギア王国:B.C.1000〜700
リディア王国:B.C.730〜566
隣国から、
ギリシャの地中海進出があったり
アッシリア帝国の勢力拡大があったり
B.C.530 ペルシア帝国 「ペルシア帝国」が全アナトリアを征服。
B.C.334 マケドニア王国 「マケドニア」のアレキサンダー大王の支配下になる。
(ヘレニズム文化の時代)
B.C.300〜 小国に分立  
B.C.241
   〜133
ベルガモン王国  
B.C.30 ローマ帝国 アナトリアの小国は全て「ローマ帝国」の支配下になる。
A.D.330   コンスタンティヌス大帝により遷都、
ビザンティウムがコンスタンティノープルに改名される。
A.D.395 ビザンチン帝国 ローマ帝国が東西に分裂。
その後、東ローマ帝国は「ビザンチン帝国」と呼ばれる。
(A.D.552)   東方モンゴル高原の遊牧騎馬民族の中に「突厥(turk?)帝国」が興る。
トルコの名称の起源と言われている。
7世紀には中央アジア北部を支配、大帝国に。
遊牧民の一部族オグズ族が西進し、イスラム教に改宗。
(A.D.1037)   オグズの一分派が現在のイラン付近に「セルジュク王国」を樹立。
A.D.1071   セルジュク朝に、ビザンチン軍大敗。
しだいにイスラームが増していくことになる。
A.D.1077   アナトリアに「ルーム・セルジュク王朝」樹立。首都コンヤ
A.D.1096   第1回十字軍
A.D.1299   オグズ族の一派から、「オスマン王朝」が成立。
ルーム・セルジュクに代わって台頭。
A.D.1308   ルーム・セルジュク朝、崩壊。
A.D.1453 オスマン朝 オスマン朝がコンスタンティノープルを陥落させる。
イスタンブールに改称。
1000年続いたビザンチン帝国が滅亡。
ギリシャ正教の聖堂アヤソフィアは、ジャミィに変えられる。
A.D.16C   最大領土:東欧、北アフリカ、西アジア。ウイーン包囲。
    シュレイマン大帝の死後、衰退へ。
ロシアの脅威を受け、ドイツに接近。
A.D.1914   第1次大戦勃発。
ドイツ側に立ったため、結局は無条件降伏に等しい敗戦国となる。
    ムスタファ・ケマル登場、独立を死守。
ギリシャとの戦争にも勝利。
A.D.1922 トルコ共和国 共和国樹立。
ムスタファ・ケマルが初代大統領に就任。
アタテュルク(トルコの父)と呼ばれる。

次ページは、1.4 イスタンブールの街(地図)
ホームページへ戻る >> トルコ旅行記の目次 >> 1.2 旅程 with 地図 >> 1.4 イスタンブールの街