家電の電気代の節約・見直しの裏技を掲載

快適節約収入生活ガス代節約 >ガス代全般の節約

ここでは家庭でのガス代の節約方法を掲載しています。
近年オール電化住宅等の増加によりガスを使わない家庭も多くなってきましたが、まだまだガスを使用している家庭も多いです。
電気と違いガスには都市ガスやプロパンガスなど住んでいる地域や住宅でガスの料金に大きな差があるので現在多くのガスを支払っている家庭であればガスを節約すれば家計の負担を大きく減らすことができる家庭もありますので参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 もっとも無駄な待機電力を減らす

冬場もっとも多く使うのが暖房器具、この光熱費を節約するとかなりの節約になります。
参考までにエアコン20度なら月約3000円程度の電気代がかかります。
ファンヒーターで同じ条件なら月約2000円前後なんと1000円もの節約。
石油ストーブであればもっと多くの節約が出来るのです。

★金額で考えるとエアコン→ヒーター→ガス暖房→石油ストーブの順に光熱費が安くなります。
ただし近年の原油価格の高騰により現在ではそこまでの差がない状態になりつつあります。

STEP2 電気料金の基本契約を見直す

給湯器の温度設定は、お風呂・食器洗い等で温度を使い分けるようにしてこまめに設定温度を変えるようにしましょう。

◆お風呂の温度設定は40℃~45℃で季節により若干設定を変えてあげると良いでしょう。

◆食器洗いでは、30度前後で十分です、冬場夏場でも温度設定をこまめに変えることによりガス代にかなりの差が出てきます。

もっとも夏場の食器洗いについては水で十分ですが、冬場は無意味に熱くしすぎるので注意しましょう。
ガス代だけで考えると食器洗いは水でも大丈夫なのですが、油汚れなどを落とすときはぬるま湯の方が洗浄に使用する水の量を減らすことができますのでこまめに調整してあげると節約につながります。

スポンサードリンク

快適節約収入生活ガス代節約 >ガス代全般の節約

↑ PAGE TOP