味噌を保存する際に注意する点と味噌の選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>味噌を長持ちさせる保存方法

味噌は古くから、各家庭で味噌を手作りし、「家庭の味」として親しまれてきました。
現在でも日本食には欠かせない調味料の一つです。
そのため、地域によって特色があり、原材料も様々です。
代表的なものだと米味噌・麦味噌・豆味噌などがあります。

そして、味噌は納豆や醤油などと同じように発酵食品です。
そのため、温度が高いと発酵が進み変色したり、風味が変わってきます。
昔は手作りした味噌を、床下や土間など直射日光の当たらない涼しいところに保存していましたが、現在の家の造りは気密性が高く、またエアコンやストーブなどの使用によって冬でも室温が高いため注意が必要です。
常温保存して変色した場合でも、品質上の問題はありませんが、風味が変わってしまうため、なるべく冷蔵保存をしたほうがいいでしょう。

【味噌の常温保存期間】2~3カ月程度
【味噌の冷蔵保存期間】1年程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 味噌の選び方

味噌はとても種類が多く、店頭でどの味噌を買おうか迷ってしまうことも多々あります。
大きく分けて「白味噌」「赤味噌」「合わせ味噌」の3種類が挙げられます。 
野菜や魚に合わせるのであれば「白みそ」がお勧めです。甘味が強く感じられます。
豚肉や貝類に合わせるのであれば、「赤味噌」がお勧めです。辛みが強く感じられ、肉の脂にも負けません。
ただし、味噌は好みがありますし、自分の生まれ育った家で食べる味噌に近いお味噌を探してみるといいかもしれません。

STEP2 味噌の冷蔵保存方法

未開封の味噌は冷蔵室または野菜室でパッケージのまま保存してください。
開封後の冷蔵保存方法は下記のとおりです。

■味噌の冷蔵保存方法
1.乾燥を防ぐため、同封されているシートを味噌に密着させます
※シートがない場合はラップ等で代用してください
2.きっちりふたを閉めて
3.冷蔵庫にて冷蔵保存してください

■味噌の冷蔵保存期間
・冷蔵保存期間:1年程度
※カビ等が生えていなければ発酵食品ですので風味に変化はありますが食べることは可能です。

STEP3 味噌の冷凍保存方法

味噌は家庭の冷凍庫に入れても凍りませんので、長期保存する場合は冷凍庫に入れても良いですが基本は冷蔵保存でかまいません。
もし冷凍した場合は、少し固くなりますが、取り出してそのまま使用できます。

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>味噌を長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP