車のガソリンにかかるお金を少しでも減らす方法ついて掲載しています

快適節約収入生活 >ガソリン代を節約する方法

ここでは車のガソリンにかかるお金を少しでも減らす方法を掲載しています。

車の節約といえばまず思い浮かぶのが、ガソリン代でしょう。
現在若干ではありますが値段が落ち着いてきたガソリンですが、一時期のような高騰がまたあるかもしれませんので少しでも燃費を向上させる方法をしって置いて損はありません。
現在、レギュラーは約リッター130円ほどハイオクに至ってはリッター150円台・・・・・昔のレギュラー90円台と比べると若干落ち着いたとはいえまだまだ高いのも現状です。
本当に少しでも燃費向上・ガソリン節約をしたいという方は参考程度にみてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 燃費のよくなるエコ運転術で燃費向上

これが一番の燃費向上につながるのですが、エコ運転を意識するということです、運転する際は燃費の事を考えて少し気遣いをして運転すると燃費の向上につながります。

日頃からエコ運転を心がけると燃費が約10%向上するケースもありますのでしっかりと意識してガソリン代を節約してください。

燃費がよくなる運転方法「エコ運転術」とはどのようなものがあるかといいますと下記にて簡単に紹介していきます。

■エコ運転術の基本的な方法
①信号等停車時に急発進しない
時間に余裕がないときなど信号が変わると急発進する方もいるかとおもいますが、急発進は燃費を悪化させますし事故への原因にもつながりかねません。
時間と心にゆとりをもってアクセルをじわっと踏み込むようなイメージで運転するよう心がけるだけで燃費向上につながります。
急発進したとしても信号等で停止するためそこまで到着時間に差がでることはありません。

②速度は一定に保つ
必要ないのにアクセルをむやみに踏み込んだり離したりする運転は燃費が悪くなります。
加減速する必要のない巡航中のアクセルをなるべく一定に保ち一定の速度で走り続けることが燃費の観点からは一番いい運転だといえます。
巡航できる状況で加減速を繰り返すと周囲の車に迷惑かかるので注意しましょう。

③停止することが事前にわかっていれば早めにアクセルを離す
減速時は、早めにアクセルから足を離すことで、燃費を向上させエンジンブレーキがかかり燃料がほとんど使わずに徐々に減速できます。
安易に速度が低くなると、周囲に迷惑かかるので注意しましょう。
マイカーのエンジンブレーキのかかり具合を把握して早めに交通状況を把握・車間距離をとって、タイミングよくアクセルオフします。

④アイドリングを控えるだけで違う
信号停車時にあなたはアイドリングしていますか?
最近のバスは、必ず信号で止まるとエンジンをいったん切っています。
あれは、アイドリングにかかる無駄なガソリンを減らすためにやっているんです、それは、私たちの自家用車にも結構効果があるのです。
まず、乗用車の場合は、平均10分間のアイドリングでなんと0.1~0.2リットルもガソリンを消費するそうです。
これは大きいと思います。
現在ではマツダのアイドリングストップ技術等もあり格段に燃費が向上している車もありますが、アイドリングストップを搭載していない車体であれば実践する価値ありです!

⑤一般道路および高速道路何キロで走るとお得?
いったいどれくらいの速度が一番節約できるか?

◆一般道路であれば40~50km前後
◆高速道路であれば80km
がもっともガソリン消費が少なく走ることが出来るといわれています。

頭の片隅にいれておいて少し意識して運転することで節約にもつながります。

⑥エコ運転を意識しながら運転するならこれ【運転マネージャー
さまざまな燃費向上グッズが販売されていますが、やはりどのような燃費向上グッズよりエコ運転にまさる燃費向上はないと言えます。
瞬間燃費で運転をチェック、エコ運転のコツを掴んで燃費UP!
「燃費マネージャー」は、あなたの運転を瞬間燃費としてディスプレイ表示する燃費グッズです。
何気ない普段の運転の中にきっとガソリンのムダ使いを発見できるはずです。
燃費改善・省エネ運転・CO2排出量抑制・事故率の低下。
燃費マネージャーはお手伝いできます。
↓エコ運転を極めるならこちら↓
エコ運転を楽しむ・コツを掴むなら【燃費マネージャー】

STEP2 ガソリンを入れる際に数円でも安くいれる方法

ガソリンの支払いをカード払いするだけでリッター○円値引きしてくれるクレジットカードやポイントが貯まる、使った料金の一部をキャッシュバックできるカードがありますのでぜひ利用するべきです。

■例 カード払いにした場合のキャッシュバック額
◆月々キャッシュバックするなら【JCBドライバーズプラスカード
国内の高速道路・ガソリンスタンドでの支払い分が月々最大6000円キャッシュバックされるドライバー必須の1枚がこの【JCBドライバーズカード】です。

■下記の例の場合
・月々1000円キャッシュバック
・年間で12000円ものキャッシュバックをうけることができます。
例:利用金額月合計が6万円
(内ガソリンスタンド・高速料金等の合計20,000)の場合

金額
ガソリンスタンドでの利用料金(キャッシュバック対象料金)15,000円A
高速料金(キャッシュバック対象料金)5,000円B
キャッシュバック対象料金合計(A+B)=C20,000円C
ショッピング・光熱費等のご利用料金(デパート・公共料金・ネットショッピング等)40,000円D
合計利用料金(C+D)=E60,000円E
キャッシュバック率(対象金額4万円となり下記の表より)5%F
月のキャッシュバック金額(C×F)=G1,000円G
年間キャッシュバック金額(1,000×12ヶ月)12,000円
※キャッシュバック率は合計利用金額Eに応じて変動
月間カード利用金額3万円未満3~5万円未満5~7.5万円未満7.5~10万円未満
キャッシュバック率0%2.5%5%7.5%
※最大キャッシュバック率30%(10万以上は公式を参考にしてください)

↓JCBドライバーズカードの公式・申し込みはこちら↓
ガソリン・高速代キャッシュバックするなら【JCBドライバーズカード】

STEP3 日々のメンテナンスで格段に燃費向上

ガソリンの燃費を向上させる・ガソリンを1円でも安く入れるを重視してここまで説明してきましたが、それ以外にも燃費を向上させる方法はあります。

それは車自体の燃費性能を高める・維持するということです、いわゆるメンテナンスです、これが以外と手抜きしてて燃費が悪くなったままのり続けているかもしれません。

①タイヤの空気圧をこまめにチェックして適正状態を維持する
タイヤの空気圧給油時にチェックしていますか?

車が走るとき必ずタイヤと地面に摩擦が発生する部分がでてきます。その摩擦部分を減らすだけで燃費が大幅にかわってきます。
1トン以上ある車体をタイヤのたった4箇所の摩擦だけでうかせて走らせているのですから空気圧なんてとおもわずに給油時にこまめにチェックしてもらいましょう。

②車の重量を軽くして燃費向上
運転の方法で燃費は若干変動しますが、車の燃費を悪くする原因の大きな割合をしめるのが車体の重量増加です。

乗車人数が多ければ多いほど燃費は下がりますし重い荷物を積んで走ると燃費が悪るくなりやすいです。
日頃からゴルフバックなどの重量のある物を積みっぱなしにして走ることをやめるだけでも燃費の向上につながります。

一度に入れるガソリンの量を半分にすることや車体の重量をできるだけ軽くすることを意識してガソリン代を節約してみてください。

③エンジンオイルの交換目安時期を知っていますか?
エンジンオイルの交換時期は車両や走行状態によって大きく異なりますので最低でもメーカー指定の交換時期を守りましょう。

エンジンオイルの交換をせずに車検のときのみに実施したりしているとエンジンオイルの粘度が上がってエンジンの抵抗が増すことによって燃費悪化等を招き無駄なガソリンを使う上に出力もでなくなります。

エンジンオイルの交換目安時期一般的に5000~10000kmまたは6ヶ月に一度くらいは交換するべきだと言われています。
早い方では3ヶ月に1度交換している方もいるくらいです。

↓車のメンテナンス・カー用品はこちら↓
全国チェーンのイエローハットネット購入後店舗で取り付け・交換

スポンサードリンク

快適節約収入生活 >ガソリン代を節約する方法

↑ PAGE TOP