賃貸料・住宅ローンを見直しで節約方法ついて掲載しています

快適節約収入生活 >賃貸料・住宅ローンを見直して節約
節約いくらがんばっても赤字続き・・・・お金がたまらないとお悩みの人が多い今の世の中ですが、節約の前に気にすべき住宅費はどのくらい支払っていますか?

一般的にですが、住宅費にかけるお金は家庭の月収入の三割以内と言われています。
これを超えているという人は、家計が厳しくなり貯蓄出来ずにいつもギリギリでやりくりするということになると思います。
毎月の固定出費である家賃は、引越し等しないかぎり節約も出来ないのではじめによく自分の収入と家賃の差をよく考えましょう。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 マイホームを買う目安の金額は?

あなたが、無理なく買えるマイホームの価格は、大体いくらくらいなのか気になりませんか?
目安程度の金額を書きたいと思います。

実際に、買うのは自分ですので、ここで掲載している金額は、あくまで参考にして後は努力して無理のない買い物をしましょう。
目安となる金額というのは、どれくらいかといいますと一般的に年収の5倍~6倍と言われています。

例えば、年収500万円くらいの家庭であれば、2500万円~3000万円ということになります。

この金額はあくまで目安ですので、実際は本人たちの努力次第だと言えます。
住宅は、人生で一番大きな買い物です、一括で買えるに越したことはないのですが、実際それが出来る人たちはほんの一握りです、そこで住宅金融公庫などから住宅ローンをすると思いますが、月々の返済が月収の25%以上となると家計は厳しくなるということを頭に入れましょう。

STEP2 住宅ローンの借り換えで支払いを減額

住宅ローンは、金利が高い時に一戸建て・マンションを購入してそのまま住宅ローンを借り換えていない方は、一度は考えた方が月々の支払いが減ることがあります。

一般的に借り換えの簡単な基準として言われているのが
・現在の金利との差が1%以上
・ローン残高1000万円以上あり
・残存期間が10年以上
あるという三つの条件をクリアされている方は、見直しの価値ありと考えていいとおもいます。

借り換えには、事務手数料などの諸費用などがかかってくるので一度取引のある金融機関等に相談した上で検討してみましょう。

STEP3 借り換えの検討は審査申込書一括請求サービス

■借り換え仮審査書類一括請求サービス会社
・ズバット住宅ローン
住宅ローンの借り入れ先の検討・お申込みをサポート。

お借り入れ条件を入力すると、あなたの希望条件に合ったお借り入れ候補金融機関が表示されます。
さらに、各金融機関からそのまま複数の金融機関に一括で審査申込書の請求が可能です。

特典1 今のローンより借り換えでいくら節約できるのか目安額を試算することができます。

特典2 参加している複数の金融機関があなたに合った住宅ローンを提示してくれますので比べやすく住宅ローンの借り入れ先を選ぶ手間が省けます

↓住宅ローンの借り換えを検討される方はこちら↓
審査申込書の一括請求はズバット住宅ローンだけ

スポンサードリンク

快適節約収入生活 >賃貸料・住宅ローンを見直して節約

↑ PAGE TOP