生命保険を見直して節約する方法ついて掲載しています

快適節約収入生活 >生命保険を見直して節約する
あなたの家庭では、生命保険を無駄に払っていませんか?

必要以上の保障を受けている方、生命保険料が家計を圧迫しているという方、保障がどれくらい必要なのか分からないまま入り続けていては、無駄な支払いを増やすばかりです。

最近、外資系の保険も多くあり保険料が一生変わらないというものもありますし、格段に安くて良い保障を受けられるものもあります。
一度見直すだけで、月々数千円以上生命保険料を節約出来ることもあります、後々に後悔しないためにも一度見直し検討してみるべきです。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 月々支払う保険料の目安はいくら?

月々支払う保険料は、月収の10%以内が目安と言われています。

月収の10%以内の保険料と言ってもこども保険など貯蓄性のある保険はその10%以内には含みません。あくまで、医療保障や終身保険などが対象です。

現在月収の10%以上を支払っている方は、一度保険料を見積もり比較してみると良い。
比較・見積もりを一括してくれる会社に無料で見積もり、一括資料請求を依頼することで保険料の見直しするか、もしくは生命保険の見直し相談も行っていますので利用してみるといいかもしれません。

STEP2 補償額の目安はいくら?

あくまで目安となる保障額を掲載しています、なぜならその時のあなたの年収や年齢や家族構成などさまざまな環境に応じて補償額は変動してきますので、節目ごとに変更・検討することをおすすめします。

■例 死亡保障額の目安
【死亡保障】
それは家族に万が一のことがあった時に残された家族が生活するのに必要なお金を補うためにあります。
それでは、いったいどれくらいの保障がいるのかと言うと、下記の一覧のようになります。

条件
サラリーマン【子供なし】2000万~3000万300万~500万円
サラリーマン【子供一人】3000万~4000万300万~500万円
サラリーマン【子供二人】4000万~5000万300万~500万円
自営業【子供なし】2000万~3500万500万~1000万円
自営業【子供一人】3500万~5000万500万~1000万円
自営業【子供二人】5000万~6000万500万~1000万円
※マイホームがある場合は、約1000万円マイナスした保障で計算してください。
あくまで目安です、その時の夫の年収や年齢などさまざまな環境に応じて変更・検討することをおすすめします。

■例 医療保障額の目安
【医療保障】
万が一の時の病気や怪我で入院するといったいどれくらいお金が必要となるのでしょうか?
収入が一定期間なくなることを考慮して金額を出すと下記程度はあると生活にそこまで支障をきたさないと言われています。
条件
サラリーマン【子供なし】5000円~8000円5000円
サラリーマン【子供あり】10000円~15000円5000円
自営業【子供なし】10000円 8000円8000円
自営業【子供あり】15000円8000円

STEP3 FPに相談してプロの目で見直してもらう

FPとは、最近よくきくとおもいますが、ファイナンシャル・プランナーの略です。

ファイナンシャル・プランナーとは、顧客である個人から収支・負債・家族構成・資産状況などの情報提供をうけて、それをもとに自分にあった住宅・貯蓄など将来のライフプレンニングをアドバイスしてくれるプロのことです。

どういった方が利用するべきなのか
【毎月赤字続きで家計を見直したい】
【貯蓄を少しでもふやしたい】
【保険等を見直したいけど保険会社だと勧誘が面倒】
等さまざまな家計の見直しについて中立の立場で相談にのってもらえます。

また、生命保険など無理な勧誘が多いのではないかという心配をもたれるかもしれまんが、中立の立場にたって相談にのってくれるため、ファイナンシャルプランナーは顧客のためにならない商品等を勧めません。

あくまで顧客が少しでも得をする方法を見つけだしてくれるスペシャリストです。

STEP4 人気・実績のある無料相談会社を活用

◆人気のFP相談・保険見直し会社
あなたのFP あなたのFPは、SBIグループ(SBI証券など)が運営する保険見直し相談サービスを行う企業です。
実績も多数で65万人もの無料保険相談をうけており、少しでも家計を節約したい、保障のよい保険にはいりたいという方のために自分にあったぴったりの保険を教えてくれます。

特典1 生命保険会社に所属しない中立のファイナルシャルプランナーが相談に応じてくれますので複数の保険会社の商品を知っており広い知識・視野で自分にあった商品・答えを一緒にさがしてくれます。

特典2 保険の相談する上で無理な保険契約等はいたしません。あくまで見直しが必要という場合のみ保険加入のアドバイスをしてくれます。
※お客様から指摘のあったFPには注意・警告をして改善がみられない場合は契約を解除するシステムを導入しています

特典3 相談の場所は、プライバシーの観点から自宅・事務所等お客様の指定の場所に伺って相談に応じてくれます。自分が安心して相談できる場所にてご相談ください。

特典4 在籍ファイナルシャルプランナー数が全国に1986人と大変多く在籍しているため自分にもっともあったファイナンシャルプランナーも見つかるはずです。

↓無料保険相談・見直しを検討される方はこちら↓
あなたのFP すべての保険には見直すべきところがある

スポンサードリンク

快適節約収入生活 >生命保険を見直して節約する

↑ PAGE TOP