電池の使い方及び充電池の活用で節約する方法ついて掲載しています

快適節約収入生活 >電池を上手に利用して節約

簡単に、乾電池といっても電池の中にも種類があります。

適当に買うのではなく用途にあわせて電池をうまく使い分けることで電池をより長持ちさせ節約出来ます。

また繰り返し何度も使える充電式の電池もありますので、さまざまな電池を上手に使いこなす情報を掲載しています。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 充電池を活用して節約

日常電池は本当によく使う消耗品、電池が切れるたび買い替えていたら経済的にも環境的にもとてもいいものとはいえません。

そこで何度でも使える充電池を活用してみましょう、当初は普通の電池よりは少し割高ですが、最初にお金を出して買えば使えば使うほど節約になります。

充電池は、普通に使っていても一つの電池が約1500回以上繰り返し使用することができます。
充電池の電気代も1回あたり約2円程度で経済的です。
では、現在どのような電池が、売られているのかですが、有名なので充電式ニッケル水素電池【エネループ】という充電池が売られています、本当に使える充電池で種類も多数、電池単価もかなり値下げ改良がされてきましたのでおすすめです。
ゲーム機任天堂Wiiなどでよく遊ぶ家庭であればコントローラーの電池には、このエネループがあれば節約効果ばっちりです。

■充電池エネループの概要

充電回数繰り返し使える充電回数が1,800回
特徴大幅に進化した自然放電抑制の新技術!一度充電しておけば5年後でも約70%のパワー残存率を実現!
デジカメ撮影枚数は、乾電池の約4.4倍など目的に応じた種類の充電池(充電可能回数も多数の種類があります)を用意しています。
1回の充電費用約2.2円

STEP2 100円ショップの電池の使い方

最近本当に多くの物を置いていて何でもそろう100円ショップですが、乾電池もおいてあります。

100円ショップで電池なんて絶対に長持ちしないと思われているかもしれませんが、私も同じように長持ちしないだろうと思っていました。
そこで少し調べてみたのですが、実際に実験されたデータによると、100円ショップの電池は、使い方や用途によっては普段使っているメーカーの電池とほとんど変わらない効果を持っている!
ということは、メーカーの電池4本単価350円程度とすると100円ショップ電池ですがら約250円の節約になります!!
電池自体の強さは弱いものもありますのでおすすめの使い方としては、時計やリモコン等の電池を100円ショップの電池でおぎなうと良いです。

STEP3 乾電池の種類による使い分け

電池には、主な種類としては『マンガン電池』『アルカリ電池』という2種類があります。この2種類は用途が違っていて実際使う場合使い分けをしたほうがより効果的に機能してくれます。

◆マンガン電池
連続で使用するのではなく休みの時間を与えながらまた使うという連続的に使わない、連続して使う場合にも少量の電流のみという場合に使うのに向いています。
例:『懐中電灯』『リモコン』『時計』etc.

◆アルカリ電池
主に大きな電流を必要とする物に使用するのが、向いています。
例:『ラジコン』など

用途にあった電池を使うと消費する電池の数も減らすことができます。

スポンサードリンク

快適節約収入生活 >電池を上手に利用して節約

↑ PAGE TOP