食費を減らす・節約する方法ついて掲載しています

快適節約収入生活 >食費の節約

ここでは食費を少しでも減らす方法を掲載しています。

食事は、健康を維持するためにもとても気を使う部分でもあり大切なものです。
しっかりした食生活は、未来の自身の健康を維持するだけでなく精神面にも影響してきます。

ただ贅沢をすればいいというものでもない、、、不摂生を続ければあとで後悔するもは自分だと意識して日々の食事を楽しみながら食費の節約して上手な食との付き合い方を紹介したいとおもいます。

また、月々の食費代がどうしても高いとお悩みの方には必見の情報も紹介しています、家族4人程度の家庭で目標食費月2万円台をめざしてがんばりましょう!
スポンサードリンク

食費の節約

◆STEP1 基本チラシチェックで食費を節約する
◆STEP2 野菜・果物は季節にあった旬のものを選ぶ
◆STEP3 無駄買いを減らす宅配サービス
◆STEP4 スーパーの特典・ポイントサービスを活用
◆STEP5 必要ない物は無理に買わない
◆STEP6 消費期限と賞味期限の違いは?
◆STEP7 地域で行われてる朝市・夕市に行こう
◆STEP8 スーパーと小売店はどっちが安い?
◆STEP9 見切り品を覗いてみる
◆STEP10 買い物はできる限りまとめて回数を減らす
◆STEP11 レジでの誘惑には負けないで
◆STEP12 店の特売品を上手に利用
◆STEP13 カートを使うと無駄買いが増える?!
◆STEP14 JA・道の駅に行こう
◆STEP15 酒代を節約はオークションを覗いてみる
◆STEP16 足りない物は夫に頼む
◆STEP17 農家からお米を安く・美味しく買う
スポンサードリンク

STEP1 基本チラシチェックで食費を節約する

そんなことは、誰でも知っていると言われそうですが、新聞に入っていチラシの毎日チェックはとても大切です。

特売品や値引きクーポン券などは見逃さないようにしましょう。
また、チラシチェックを毎日している人ならご存知でしょうが、特売を書かれいても安くなかったり、当たり前ですが店によって金額が違います、ですから底値表をつけましょう。

底値表をつけることにより、この商安といった文句い惑わされず買い物が出来るようになります。
売り文句にはくれぐれも惑わされないように注意しましょう。
ここで、チラシチェックする際には、惑わされてはいけないことがひとつあります、特売や100円均一の値札がついていると、ついついたくさん買ってしまいます!
これには、特に注意!!
買う前にまず本当に今必要なのか考えてみましょう。

野菜・肉などの生鮮食品は、安いからといってたくさん買って腐らせ捨ててしまっては、せっかく節約しているのに意味がありません。
おすすめは、缶詰や瓶詰めなどの保存のできるものを特売している時、たくさん買ってストックしておきましょう。
※まとめ買いは、ちゃんと計画を立てて食品を無駄にしないこれが、一番大切です。

STEP2 野菜・果物は季節にあった旬のものを選ぶ

今の世の中トマトやキャベツなどが、一年中スーパーの棚に並んでいるのは、当たり前のことでどの野菜が、いつ旬なのかさえ忘れさられてそうですよね。
例えば、トマトを例にすると主に7月頃が旬の時期です、もちろんその時期は安く売られていますしその時期のトマトは旨みも全然違います。
子供にトマトの本当の味を教えたいのならば最初は旬のトマトを食べさせて本来の味を教えておくほうが好き嫌いが増えずに良い食生活ができるようになります。

そこで毎日の食事に旬の野菜を取り入れなければ絶対損です!!しかも、何度も言いますが旬の野菜は栄養価も味も格段においしいのです。

代表的野菜の旬の時期一覧
 3~5月 キャベツ
 5~6月 玉ねぎ・ジャガイモ
 7~8月 ナス・レタス
 9~12月 サトイモ・ニンジン
11~12月 大根・ほうれん草
上記が主な野菜の旬の季節です。

それ以外にも注目する食材があります、それは工場栽培されている野菜です、主なものに【もやし】【きのこ】などがあります。
工場栽培なので年間通して一定量の収穫ができるため価格も安定します。

STEP3 無駄買いを減らす宅配サービス

スーパーなどの店で買い物すると、つい不要なものまで買ってしまう、、、子供を連れていくとお菓子等を買ってしまうという方におすすめの節約方法がこれです。

宅配サービスはおかずの材料がきっちり人数分届くのでムダはナシ!
注文をする前に"今月はいくらまで"と決めて計画的に利用できます。

宅配を行っている有名な会社が、生協の宅配サービスです。
首都圏コープ事業連合の運営する産地直送の肉・野菜だけに留まらず豆腐などの商品を個人宅へ宅配するサービスの会社で関東圏内1都10県473万世帯に利用されている生協ネットワークです。

首都圏コープグループは、全国の生協に先駆けて“個人宅配”を行っています。
子育て真っただ中の方から年配の方や働く女性など、幅広い層の組合員に利用されています。

※宅配サービス自体は若干定価より高い価格で販売されているのでスーパー等で不要な物を絶対買わないという人は宅配サービスを利用する必要はありません。

STEP4 スーパーの特典・ポイントサービスを活用

毎回買い物をするスーパーは、大体の方が決まっているはずです。

そこでよく買い物をするスーパーで、カードを発行するサービスがないか調べてみてください。

最近のスーパーは大抵なんらかのカード特典があります!!
会員になると何%還元や割引、商品券等様々なサービスがうけられるようになります!!
ぜひ得するサービスを利用してください。年間を通すとポイントサービスなどはかなりの金額の節約効果もあります。

STEP5 必要ない物は無理に買わない

スーパーなどで買物をする時、「あっこれは安い」といっぱい必要のない物まで買っていませんか?
実際に得しているかというとそうでもない場合があります。

それは、安く買ったはいいが、在庫がダブっていたりしたり、その他にも必要がなく使わないままに腐らせてしまうということが、発生するからです。
これでは、せっかく安く買っても捨てているようなものですので逆に赤字になります、注意しましょう。

どうしても買ってしまうという方は、上記の生協の宅配サービスなどを活用すると便利です。

STEP6 消費期限と賞味期限の違いは?

買った商品をムダにしたくない、せっかく買った商品をムダにしないため賞味期限について知っておくと節約につながります。

鮮度という意味で言うと下記の二つの種類があります。

◆消費期限 その期限内で食べるようにしましょう!
日持ちしない商品で豆腐などの商品を示します。
消費期限の商品はその日までに食べてしまうようにしましょう。

◆賞味期限 製造会社が示すおいしく食べられる期間
品質保持期限とも呼ばれ、未開封で表示のとおりちゃんと保存すれば、長く保存できるというものもあります。
一般的に製造会社が示す商品をおいしく食べられる期間のことを示しますので、賞味期限を過ぎても絶対に食べれないというものではありません。
例えば、缶詰やレトルト類などがあります。

STEP7 地域で行われてる朝市・夕市に行こう

最近、全国的に増えている朝市は、大変多く場所で毎週のように開催されています。

田舎に行くほど多いようですが、どこでも、近所にいくつかは、あるはずです。

もし知りたいという方は、インターネットで朝市・夕市などと入れて自分の住んでいる地域などをいれて見ましょう。

私が住んでいる土地では、JAなどの農協が主催する朝市が多いです。新鮮なものが、安いというのが本当に嬉しいところです。
朝市の中には港などの漁業組合が開催する魚の市場などもありますので、ぜひネットで調べて一回覗いてみてはどうでしょうか。

STEP8 スーパーと小売店はどっちが安い?

スーパーと小売店をくらべてみると、野菜の場合はスーパーの方が品揃えが多く、小売店は鮮度が良いが品揃えが少ない言えます。

値段ではどうかと言うと、スーパーの方が少し高いくらいです。
後は商品の鮮度が小売店のウリですね!!
しかし、小売店の利点は、個数及びグラムで商品を購入出来るということです。
どちらもそれぞれの利点があり、使う場合をよく考えてから買うとイイと思います。

STEP9 見切り品を覗いてみる

スーパーなどでカーゴにまとめて商品を入れていることがありませんか?

あれは、見切り品といいまして賞味期限の迫った商品や野菜などを格安で販売しているのです。

賞味期限というのは、商品をおいしく食べられるという期間を示しますので、食べられなくなっているということではありませんので見つけた場合はちょっと見てみましょう。

もしかしたらお目当ての商品を3~5割引きの価格で買えるかもしれません!!
※注意:中には半額でも元の値段が高いものもありますので値段は確認してから買いましょう。

STEP10 買い物はできる限りまとめて回数を減らす

毎日チラシを見てスーパー等に行っていませんか?

上記にも掲載しているように、チラシをちゃんと見ていくことは、節約になるのですが、チラシを見て毎日スーパーに行っていては逆に損する人が多いはず!
チラシの商品を購入に行ったとしてもスーパーの中をブラブラしていれば、お菓子等のたいして必要のない物まで手を伸ばしてしまいます。
これの繰り返しがかなりのムダ使いになります。
そこで買い物は、一週間分くらいのメニューを先に考えておいてまとめて一回で済ませるようにしましょう。

まとめ買いが、出来ないという人は、チラシ等を見て買う物をメモしていきそれ以外の物は絶対に買わないようにしましょう!!

STEP11 レジでの誘惑には負けないで

スーパー・コンビニ等において買い物をすると絶対にあることそれは、レジに並ぶこと!

そこで販売側もここぞとばかりにレジの近くにあるお菓子や様々なおすすめ商品・季節限定等をおいて販売しようとしています。

レジの周りに置いている商品は、通常の棚に置いてある商品よりも5倍~10倍近くも売れているというのだからビックリです。

それだけ、人が食べたい・興味のある物を集めているのです&商品が目に止まる場所なのです。

人が時間をもてあまして目をやる場、、、、ある意味商売上手なのですが節約する側からみると悪い誘惑でしかありません。

レジでの誘惑に負けない努力をしましょう。
毎回絶対に通る場所だからこそついつい手を出してしまうと思わぬ出費になります!

STEP12 店の特売品を上手に利用

店に出掛ける前に、献立を決めている人がほとんどだと思います。

決めている人は冷蔵庫の野、しおれてムダ使いはあまりなく思いつきで買っている人より、毎月の食費が約2~3割り減るかもしれません

しかし、献立が決め掛ける人は特売品・目玉商品を見逃してしまいがちです。
その時、安い商品があればその商品を使った献立に変える人は料理上手ですね。

私は、あまり料理が得意ではないので、特売品・目玉商品が調味料・冷凍食品など、保存ができるものを買うようにしてます。

STEP13 カートを使うと無駄買いが増える?!

スーパー・デパートなどで買物する時にショッピングカートを利用しているだけで無駄買いが増えるというのは知っていましたか?

カートで買物すると重さを感じずどんどんカートの中へ入れてしまいますので、必要な物以外を買うことが増えるそうです。

毎回毎回少しづつの節約ですが、年間及び月々ではかなりの節約になります。

STEP14 JA・道の駅に行こう

地元でとれた野菜などを安く販売しているのがJAの直売所です。

スーパーなどで買い物すると卸の価格などがプラスされているので高く販売されていますが、直売所で買い物すると、卸や店を通していない分安く買えます。
どこにあるのかわからない時はJAに問い合わせして下さい。

もう一つ安く買える場所は『道の駅』です。
地元の観光案内や地元特産の農産物・加工品などが地元の価格で安く買えます。

ドライブの途中で見かけたら、寄ってみてください。
安くておいしい物に出会えますよ!

STEP15 酒代を節約はオークションを覗いてみる

お酒好きのご主人が飲み始めると、必ず『もう一本』と言うはずです。

だから安く買えたらうれしいですよね?そこで安く買えるコツを紹介します。

オークション等で格安で出品されていることがありますのでたまにチェックして買いだめしておくのがいいです、代表的なオークションサイトに【楽天オークション 】【Yahoo!オークション】などのサイトがあります。

1ヶ月分のお酒をィスカウントショップ買って、お酒がなくなったらご主人のお小遣いから買わせるのです。そうするとご主人も減らしてくれます。
激安店を探すことです。お店に寄って輸入品が安かったり特売日は国産品も安くなったりします。こまめに調べておくと便利です。
皆さん知っていると思いますが、ビールを買うなら単価の安い発泡酒、焼酎を酒税が下がったウイスキーがお得です。

STEP16 足りない物は夫に頼む

子供のいる家庭であれば買い物に行きたいのですが、子供を連れて行くとお菓子を買いたいと駄々をこねたり・泣いたりとついつい無駄な物を買ってしまったり・・・・そこで少しでも節約を心掛けるなら夫に頼み会社帰りに必要なものだけを買って来てもらうと無駄買いが減ります。

会社が終わるのが遅い時間帯なので商品の値引きもあるのでそういった品物を買って来てもらうと節約になります!!

夫がお酒が好きな方には、勝手につまみなどを買ってこないように注意しておきましょう!!

STEP17 農家からお米を安く・美味しく買う

あたり前ですが、お店でお米を買うよりも直接農家で買ったほうが安くつきます。

知り合いもしくは、近所で直接お米を売ってくれる農家の方を探してみましょう。

直接買うと精米する前の籾殻が付いた状態で買うので長持ちできておいしいご飯が作れますよ。

食べる分量だけお米屋さんや自動の精米機などで精米できます。
しかし問題は、まとめて買わないといけません!!

その地域で違いますが、30kg以上から売ってもらえるので家族で買ったり友達と分けたりして下さい。

また、農家から直接買うのは無理という方に知っておいてほしいのが、お米にも安いものから高いものまでいろいろな種類があります。
やっぱり美味しいご飯を食べたいけど家計を考えると安いお米を買ってしまいがちです。

安いお米でも美味しくする方法があります。
みなさんもしっている事があるかもしれませんが一応教えます!!

お米を美味しく炊く方法
◆洗米:力を入れずにたっぷりの水でさっと洗います。手はボールをにぎっている感じでお米を研ぎます。
◆水加減:自分の好みの固さでいいですよ。新米は古米に比べて水分が多いので、若干水を少なめにします。あと最近増えている無洗米ですが普通の1割増しの水が適量です。
◆炊飯:吸水は、最低夏場で30分冬場2時間ほど吸水させます。この吸水時間でも出来上がりに差がつきます。炊く時はスイッチを押すだけですが、タイマーの場合は吸水時間が長くなりすぎないように注意が必要です。
ご飯が炊けたらすぐに開けずに10~15分ほど蒸らします。

◆ご飯を炊くとき、少し何かを入れると美味しく炊けますよ。

  ●酒を加える。(米1合:酒大1)
  ●はちみつを加える。
  ●もち米をひとつかみ加える。(米の量の1割)
  ●備長炭を入れて炊く。
  ●サラダオイルを数滴加える。
  ●みりんを加える。(米1合:みりん大1/2)

私がためしたものと聞いた話がありますが、自分にあったものを選んでください。

スポンサードリンク

快適節約収入生活 >食費の節約

↑ PAGE TOP