仏壇のまつり方

真宗大谷派(お東)の仏壇(お内仏)のお荘厳(しょうごん=荘り方)、仏事の勤め方とその意味についての解説です。

※【その1】〜【その12】は「真宗入門Q&A」(編集・発行/真宗大谷派大阪教区出版会議)を基に加筆・修正しています。
※文中にある「聖典」は、大谷派の『真宗聖典』を指します。
質     問
【その1】 仏壇には何が荘厳られているのですか
【その2】 お内仏はどのようにお荘厳したらいいのですか
【その3】 なぜ阿弥陀如来をまつるのですか
【その4】 阿弥陀如来の絵像の裏に書かれている言葉を説明してください
【その5】 お脇掛について教えてください
【その6】 阿弥陀如来とお釈迦様はどうちがうのですか
【その7】 阿弥陀如来とご先祖様の関係について教えてください
【その8】 お内仏に法名軸を掛けますが位牌ではいけないのですか
【その9】 真宗ではなぜ戒名といわず法名というのですか
【その10】 どんな人でも仏様になるのですか
【その11】 法事等の仏事のときにはどうしますか
【その12】 お葬式はどのようにすればいいのですか
【その13】お墓への納骨はどのようにすればいいのですか
【その14】納骨(分骨)はどうすればいいのですか
【その15】お焼香の作法を教えてください

★★★MENUへ★★★



『真宗入門Q&A』



編集・発行
真宗大谷派大阪教区出版会議

B6版・141頁/700円


『真宗入門Q&A』は大阪教区から発行された門徒向けの小冊子です。

「親鸞聖人の生涯」「真宗の教え」「真宗教団のあゆみ」「真宗のお荘厳」「真宗門徒の生活」の五分野・計52問の浄土真宗についての素朴な疑問・質問にお答えします。


お求め、お問い合わせは真宗大谷派大阪教務所まで。


本書の内容(目次)はこちら

★★★MENUへ★★★