サイトマップ< 木のおもちゃ_アトリエそうわーくす(HOME)>イベント情報(木のおもちゃ広場)>印旛沼自然学校たつのこ村

印旛沼自然学校印旛沼自然学校たつのこ村へ、ようこそ♪
* たつのこくん → アトリエ・そうわーくす
これからのイベント情報
▼ これまでのイベント記録 ▼
案内案内チラシPDF-01
古代住居と野草狩り-01  古代生活体験シリーズ全3回
*
 なんでも無から創り出していた古代へ戻り、“食”と“住”の入手法を体験。
 人と自然の関わりや物事の成り立ちを感じ取ってもらうことが狙いです。
古代住居と野草狩り-02
 住居に必要な材料は、特別なものではなく、全て身近にあるものばかり。まず、それらを集めることから始めます。
 力仕事と高いところはお父さんの役、葦を束ねてくくり付けるのは子ども達。住居づくりはチームワークが重要ですね。

オープニングイベント
古代住居と野草狩り-タイトル
古代住居と野草狩り-03
 歩きながら摘み取る野草は、ほとんどが生で食べられるもの。
 苦味の強いものは、熱して食べる。そうすれば甘くなります。
古代住居と野草狩り-042004年
3月28日
*
この日、
100名近くの
参加者数でした。
 お店にあるもの、スーパーで買ったものしか食べたことのない子ども達にとって、道端に生えている“雑草”が“たべもの”だったこと、“野草”が実は、大根やほうれん草など“野菜”の原種だったことは 驚きです。 古代住居と野草狩り-04  この日、TOMO先生の『かご作り教室』が同時開催。
 編み方は、野趣あふれる“乱編み”。
 材料は、そこら辺に生える“葛(クズ)のつる。
案内案内チラシPDF-02
古代式発火法-01 2004年5月9日
雨天順延5月16日
*
 古代生活に、無くては成らなかった火起こしの道具を、実際につくるところから始め、火を起こすところまで体験。
 さらに起こした火で、芋を焼いて食べようという企画です。
古代式発火法-02
古代式発火法-03
古代式発火法-04
 子ども達にとっては、
火起こし具も、おもちゃの一つ。
 きっと古代の子ども達も同じように楽しみ、生活力を身に付けていったのではないでしょうか。
古代式発火法-タイトル
古代式発火法-05 あいにく雨に祟られっぱなし。
それでも子ども達は、せまいコンテナの中で火起こし体験を楽しみました。
案内案内チラシPDF-03
2002年7月4日
古代生活体験シリーズ第3回
ドキドキ縄文土器-01
 「縄文時代、日本の森はとても豊かでした。世界最古の土器が生まれた理由も、この豊かな森がつくり出す“粘土”にあったのです。」
 村長/笠井守先生は、壮大な古代史の話から、野草のひとつひとつに秘められた物語まで、熱く語りながら野外授業を進めます。
ドキドキ縄文土器-04
ドキドキ縄文土器-02 『ドキドキッ! 縄文ドキ』
ドキドキ縄文土器-タイトル
*
公園づくりワークショップ同時開催
ドキドキ縄文土器-03  材料となる粘土は、近所の造成地から採掘された粘土と、市販の陶器用粘土。それぞれで試してみたが、採掘された粘土のほうが、程よく砂が混じり、野焼きには有利だった。 ドキドキ縄文土器-05
 古代、住宅と炉の間に、熱を遮るために盛った土が熱によって変質した。これが土器の発明の発端だと言う。
印旛沼自然学校たつのこ村地図
戻る

サイトマップ< HOMEイベント情報(木のおもちゃ広場)>印旛沼自然学校たつのこ村

次へ
アトリエそうわーくす、プロフィールProfile 木のおもちゃ販売部SHOP 自然とあそぼう、木のおもちゃ造形教室School 木のおもちゃ旅行記Topics イベント情報(木のおもちゃ広場)Entertainment ゲーム、“こ−とばは続く−よ♪ど−こま.で.も〜♪”Game 木のおもちゃ仲間たちLINKs 木のおもちゃ掲示板BBS 一級建築士事務所そうわーくすの環境共生住宅Archtecture