グラスリッツェンはダイヤモンド粒子のついたツールでガラスに傷を付ける事で模様を描くガラス工芸。
身の回りの様々な物をパターンとして使え、柄によっては手彫りだけでなく
ルーターを使うと、くっきりとした感じに彫り上がります。細かく地道な作業ですが、少しずつ模様が浮き上がってくるのがとても楽しいです。無地のガラス製品やパターンを探すのも楽しみの一つ。
ガラス製品なので撮影が難しく、画像では細かい点が分かり難いのは私にとってはラッキーかも(^^ゞ
詳しくは画像をclickしてね(^ー^)b

11initial
イニシャルのグラス
12hamanasu
ハマナスの丸皿
13budo-1
葡萄のワイングラス
14risu-1
リスの丸小皿
15mugi-1
麦のビアグラス
21berry-1
ベリーのティーカップ
2koyo-1
紅葉とイチョウの皿

3freesia-1
フリージアのデザートカップ
4lace-1
レースの丸皿

5mimoza-1
ミモザのサンドウィッチプレート
31bara-1
バラのコンポート
2hana-1
花のドレッシング入れ

3paisley-1
ペイズリーのドレッシング入れとレードル

4fairy-1
フラワーフェアリーの額

5hana-1
花のフルーツコンポート

パーチメントクラフトは、厚手のトレーシングペーパーにレース状の装飾を施すペーパークラフト。
修道院で聖書の装飾として発達した技術だそうです。
専用の紙を裏から擦すって白く浮き上がらせたり、針で穴を開けたり、その穴をカットしたりと繊細で奥の深い、 ブキッチョな私には非常に困難の多い作業です。2001年に習い始めてからの作品を、一部ですが載せてみました(全て課題作品)。 詳しくは画像をclickしてね(^ー^)b

1siori-1
小花のしおり

12holder-1
小花のカードホルダー
13box-1
小花のボックス
14card-1
花のカード
15joy-1
J・O・Yの額
21tree-1
クリスマスツリー
22tree-1
クリスマスツリーの額
23easter-1
イースターのカード
24ougi-1
扇の額
25popli-1
ポプリケース
31card-1
花のカード
32ougi-1
扇のカード
33lamp-1
花のランプシェード

34photo-1
ハートのフォトフレーム
35card-1
レースのカード
41xmas-1
クリスマスのカード
42ougi-1
クリスマスの額
43tulip-1
チューリップのカード
44photo-1
貝殻のフォトフレーム
45hanakago-1
花篭の額

カリグラフィーとはギリシャ語のCALLI(美しい)+GRAPHEIN(書く)の意味で 簡単に言うと洋書道の事。 中世、聖書を清書する際の装飾文字として発展したそうです。 私がグラスリッツェンやパーチメントを習い始める切っ掛けになったカリグラフィですが、 オリジナル作品はたったの2点。もっと作品を増やしたいけど、COCOが来てからお稽古休業状態の今、 ペンを持つ事もなくなってしまいまいした。また新作をお披露目できる日がくると良いのだけれど・・・。 詳しくは画像をclickしてね(^ー^)b


new
11moon-1
ムーンライトセレナーデ
new
12imagine-1
イマジン