ネット収入の基礎知識 目次

1. はじめに       ←今ココ
2. 具体的な儲け方
3. 心構え
4. フリーメールを取得しよう
5. ネット銀行を開設しよう
6. 実際に儲けてみよう

ネット収入の基礎知識 はじめに

■ネット収入はノーリスク

「はじめてのネット収入」では、誰でも簡単にネットで収入が得られる方法を紹介しています。



そのほとんどが、無料で始められるものです。元手はいりません。
元手がいらないということは、「少なくとも、損をすることはない」ということです。

人によっては、
やった!月5万儲かるようになったぞ!」という人もいれば、
あれ?月3000円ぐらいしか儲からないぞ……」という人も
いるかもしれません。
やる気、テクニック、継続力によって、月の収入は、人によってかなり変わってきます。

でも、はっきりいえることは、
収入の大小の差はあれ、損をする人はいない
ということで、
ようするに、ネット副収入は、
ノーリスクなのだから、やってみる価値が大いにある
ということです。

適当にやれば、数千円しか儲からないかもしれませんが、
効率よくやれば、月十万以上稼ぐことも夢ではありません。

ネット収入の基礎知識(1) なぜお金が儲かるの?

■収入はどこからやってくるか?

最初に、ネット収入として得られるお金の「出所(でどころ)」がどこなのか、 その仕組みをしっかりと理解しておきましょう。



答えを先に言ってしまうと、お金の出所は、「企業の広告費」です。

そもそも。
企業にとって、「広告、宣伝」というのは、とても重要なものです。 宣伝をして、自分の商品の存在をみんなに知ってもらわなければ、話になりません。

そこで、企業は、「宣伝の専門家」である「ネット広告代理店」にお金を払って、宣伝を任せます。

ちなみに、「ネット広告代理店」がもらうお金というのは、とても高額です。
というのは、普通の広告では、チラシをつくったり、テレビにCMを流したりするわけですが、 そのための広告費は、とても高額で、たとえば、テレビCMなんかは、短期間の放映なのに、5000万円以上かかります。

つまり、企業活動における「広告費」というのは、「そもそもが高額」であり、 そのお金が、今、ネットの世界に流れ込んできているわけです。

さてさて。その高額な広告費をもらって運営する「ネット広告代理店」は、 一生懸命、人を集めて、企業の商品を宣伝しなくてはいけませんが、 普通にホームページを作っても、人はなかなかやってきません。

そこで、ネット広告代理店は、こんな企画をやるわけです。

◆広告メールを受け取ってくれたら、報酬を払います。

◆商品ページにアクセスして広告を見てくれたら、報酬を払います。

◆広告を見てくれた人には、抽選で1000万円が当たります。

◆自分のホームページで、商品を紹介してくれたら、報酬を支払います。

さっきも話したように、企業の広告費というのは、そもそもが高額です。

したがって、広告代理店側は、お金を消費者側に、ばら撒いて、 人集めを行っても、儲かるのです。
それよりも、広告代理店側は、お客さんである企業に対して、
今月は、あなたの商品を○○万人がみましたよ^^
という景気の良い報告がしたいわけです。

そのため、大手のネット広告代理店たちは、しのぎを削って、 広告を見てくれる人を集めようと努力していますし、 広告を紹介してくれるパートナーサイトやブログを探しています。

そういう事情から、
いまや、ネットでアクセスするだけで、お金が入る
という時代になってきているのです。

これから、ネットで収入を得る方法や、そのためのテクニックを紹介していきますので、 これを機会にみなさんも、ぜひ、お試しください。



⇒(続き) ネット収入の基礎知識(2) 具体的な儲け方