レイン開発日誌18

というわけで、前回、
「箱に入れられた数字を使って、足したり引いたりするだけのプログラム言語」
を考えた。

とりあえず、これをレインコード(LainCode)と呼ぼう。

次は、このレインコードを使って、実際に動くプログラムを作ってみよう。


………………………………………………………………作った。
細胞クラス 、レインコードランダム生成クラス


ようは、こんな感じ。



ようするに、

 数字(入力データ)をいれると、
 レインコードにしたがって計算し、
 数字(出力データ)を返してくれる

だけの簡単なプログラムである。

この「入力 → 計算 → 出力」を行う小さなプログラムを
「セル細胞)」と名づけよう。

よし、さっそく、
この生まれたてのセルたちをテキトーな環境に放り込んでみよう。
なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入



其処に<知能>はあるのかしら?