科学哲学史(1) 帰納主義 1600年頃

帰納主義とは、1600年頃、
イギリスのベーコンによって提唱された「科学についての思想」である。

そもそも、帰納とは、
「個々の経験的事実の集まりから、
 そこに共通する性質や関係を取り出し、
 一般的な法則を導き出す」
ということである。

たとえば、世界中を駆けずり回って、
「カラスは何色だったか?」ということを聞きまわる。
そして、「カラスは黒い」という目撃データがたくさん集まれば、

「カラス→黒い鳥である」という法則が導き出せる。

このように、たくさんの観測データから、
一般的な法則を導くやり方帰納法という。

そして、帰納法により導かれた「カラス→黒い鳥である」という法則は、
「カラスが黒い」という観測データが多ければ多いほど、みんなに信頼され、
より正当化されるのである。

さて。
つまるところ、ベーコンは、
「この帰納法を用いて、科学は作られるべきだ」と主張したわけだ。
もっと簡単に言うと、
「科学は、観測や実験などの事実を元にして、作られるべきだ」
と言ったわけだ。

もしかしたら「ナニを当たり前のことを言っているのだ!」と思うかもしれない。

だが、実を言えば、
もともと、ベーコン以前の科学は、伝統的権威的な偏見に満ち溢れていた。
権威的な学者が根拠もなく言ったことや、昔から伝統的に言われていることを
鵜呑みにするという風潮が強くあった。
たとえば、アリストテレスという紀元前の偉大な学者の
「重いものは、軽いものより速く落ちる」という根拠のない偏見を
2000年近くも、科学者はずっと信じ込んできたのだ。

ベーコンは、そういう偏見に満ちた伝統的な知識を
科学から一掃しようと努めたのである。

科学に、権威など必要ない。
科学は、「観察という確かな事実」を元にして、
「観測事実と矛盾しないように構築されていく」べきなのだ。

このベーコンの「帰納主義」は、
当時、最も説得力を持った革命的な考え方であり、
後の「科学」というもののあり方を完全に決定づけた。

(補足)
今でも、一般の人が「これぞ科学的」といって思いうかべるのは、
この「帰納主義による科学」であろう。

だが、帰納主義による科学は、多数の問題をはらんでおり、
たくさんの批判を受け、ここから、
「科学とは何か?科学とはどうあるべきか?」
という探求が始まる。
なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入