指 導 者 の 紹 介
写真の上でクリックすると、演武が見られます。

池田 憲夫

七 段

アマチュア無線2級

珠算 1級

大阪外国語大学外国語学部二部イスパニア語学科合氣道専攻。クラブの稽古と並行して、大阪本部武育会、武道センターでも稽古をする。武育会では、故小林裕和師範、熊谷研二先生(現、日高道場・和歌山大学合氣道部師範)、故中里有宏先生(早稲田大学合氣道同好会出身)の御指導を受ける。稽古仲間には、木村二郎さん(現、大阪武育会会長)がおられます。卒業後、OBとして稽古を継続し、昭和61年、小林師範より母校の指導員として派遣される。平成7年、師範の御了解のもと独立し、同時に御推薦により、(公財)合気会から正式に認可を受けました。小林師範の、柔らかく、動きの速い、力強く華麗なる姿勢の良い合氣道を心の片隅に憶えて稽古をしています。道主 植芝 守央 先生の温かい人柄が偲ばれる合氣道を教科書にして、日々研鑽会中です。稽古仲間に恵まれています。人は、生き仏と言っています。平成8年六段と平成20年七段と、道主 植芝守央 先生の御推挙により、代表で証状を直接戴く栄誉に浴しました。
越前 善次

 六段
大阪大学外国語学部合氣道部北南関東
支部
顧問

大阪外国語大学合氣道部O.B。他人にも厳しいが、それ以上に自分に厳しい。が、本当は優しい人です。毎年3回の合宿には公私ともに多忙にもかかわらず参加。現役生以上に合氣道に情熱的で、スタミナは満点と言うよりも驚異ですらあります。努力家です。現役生には尊敬の眼差しで見られています。後受身の指導は抜群。五段昇段の記念演武は感動を与えてくれました。現在、豊田市に住まい、稽古を継続しています。
POPESCU

FLORIN

六段

ルーマニア人。自分にとって、合気道は心身の健康法です。また、日本人にはどうか分かりませんが、現在のルーマニア人には合気道が必要であると思います。いつかルーマニアに帰って本物の合気道をルーマニア人に教えるつもりですが、自分の中の本物を強くするために一日でも多く日本で稽古したいです。(事情と都合により、平成19年4月帰国しました。母国でも合氣道道場「まなぶ道場」を開設・主宰指導をしています。)
太田 吉彦

五段


大阪大学外国語学部合氣道部O.B会
副会長
稽古で培ったものを生活に生かして行きたいと考えています。ちなみによく子供に遊ばれてます。(その人柄か?お子さん四人の子宝持ちです。
戸倉 光明

 五段

大阪大学外国語学部合氣道部O.B会
会 長

昭和40年(1965年)から、これまでぼちぼちと合気道をしています。 疲れたらやすみしながら、稽古をしてきました。だから続いているのでしょうか・・。 自分にあわせて生活の中で、いつでも出来るのが合気道です。皆さんもどうぞマイペースで合気道を楽しみましょう。
森田 孝則

参段

豊中和氣會で稽古を初めて、最初の参段取得者です。私は35歳を過ぎてから合気道に出会い今日に至ってます。同世代の方の入会を心待ちにしております。
植田 能茂

 参段 

25年間のブランクの後、稽古を再開。
30年ぶりの審査で弐段になりました。

(本当に稽古熱心です。ほとんど欠席がありません。頭が下がります。
非常にパワフルです。注 サイト責任者)
安藤 信雄

四段

精神を鍛えるために某所で寒中水泳に励んでおりますが、ようやく精神鍛錬には私には効果が無いことを悟りました。やはり合気道で身も心も鍛えようと思います。
好きなものは外国のスパイス、趣味はカレー作り、欠点は作ったカレーがまずいこと。合気道でお腹の脂肪と格闘中です。
野村 辰宏

参段

旧大阪外国語大学合氣道部で稽古を始めました。合氣道を通じた出会いに恵まれて今の自分があります。稽古ができることを本当に幸せに思っています。
身長は184センチあります。小さなお子さんを背中に乗せると喜ばれます。(愛知県在住です。)

太田 周志

弐段

 皆さまと共に楽しく元気に日々稽古させていただいています
 合氣道の稽古では、自分の気持ちをいかに技に伝えていくかが難しいのですがそれを探求するのが非常に面白いです。
 また、稽古をすると、心も体も元気になり、私生活まで生き生きしてくるところも合氣道の魅力の一つだと思います。

保井 恒夫

弐段

団塊世代の
星です

 50歳をすぎて合氣道を始めました。合氣道は歳を取っても続けられます。高齢者の方も、一度見学にお越しください。ご一緒に、楽しく汗をかきましょう。 

永井 哲

弐段

 私は介護の仕事をしていますが、合氣道の力の使い方、とても役に立っています。
 和氣會で教わった合氣体操をほぼ毎日行っていますが、以前に比べて「柔らかく大きな力」を楽に出せるようになってきました。
 合氣道は様々な状況に対応できる武道だと思います。
 皆さんも体験してみませんか。

高塚 聡

弐段

合気道には40歳の時,息子にやらせるために一緒に入門しました.袴がはけるまで続けられたのは,自分の体力に合わせて稽古ができることと,和氣會の暖かい雰囲気のおかげだと思います.稽古がつらいときもありますが,稽古の後は爽やかになり,勇気と元気が得られます.これからも体力が許す限り続けたいです.

山口敦

弐段

知人の勧めで合氣道を始めたのは34歳からです。
合氣道の「あ」の字も分からないまま、インターネットで検索し、偶然、近所のこの道場に巡り会えたことは本当に幸運でした。
子供さんの成長に驚き、若い学生さんたちに負けられないと露骨に闘争心を燃やし、年上の同門の方々のがんばりに叱咤激励され、いつの間にか10年ちょい。稽古を終え、体のあちこちが痛いことはあっても、愉快でなかったためしがありません。
この道場には、何歳になっても繰り返し学び、鍛え、向上できる喜びがあります。
今後も、様々な方々と稽古できることを楽しみにしております。
 

山田(小西)
美保子

弐段

「身長154cmです。
体が小さくても、力が弱くても、逆にそれを活かすことができるのも合気道の魅力の一つだと思います。
また、体全体を使って稽古した後はとても清々しい気持ちになります。」


紹濂

弐段

私は香港で生まれ21才日本にきてから30年が経ちました。合気道は44才のとき、体の姿勢を直すため会社同僚にすすめられ息子と一緒に習い始めました。正座できなかった私にとって最初の数年は苦労しましたですが、和気会の皆さまが親切に指導してくださったおかげで、合気道の良さに魅了され毎週楽しく稽古を続けております。普段動かすことのない筋肉や関節を柔らかくし、怪我しにくい体を維持できることが私の合気道をすすめるポイントです。また、一人一人の体力に合わせて理にかなう技を指導して下さる皆さんが和気会の魅力と思います。