フィールドテクノロジー研究室ホームページへようこそ    更新2017.2.27        →Sapporo Bankei Winery ENGLISH Page ←
                                               
小さな"ワイナリー"から地域の"ワイン"文化を発信

北海道札幌市中央区盤渓201-4  電話/FAX 011-618-0522

地図・交通機関についてはこちらをご覧下さい。地下鉄円山公園駅からばんけいスキー場行きバスで来られます。「峠のワイナリー前」下車
冬でもロードヒーティングの融雪道路ですので車でワイナリーまで来られます。

  ★2017年2月3日に、盤渓北ノ沢トンネルが開通しました。

    
(2017.1.29日撮影。夏の暑さと冬の寒さ、それに耐えているぶどうの木を励ましながら,もうすぐ春が来るよとつぶやいているワイナリーです。) 

 オンラインショップでも販売中

      下記サイトにてネットショッピングが出来ます。是非御利用下さい。
        ※ばんけい峠のワイナリーでは未成年者への酒類の販売は行っておりません。

          http://bankei-winery.shop-pro.jp/

 ばんけい峠のワイナリー ウェルカムスケジュール
   
水曜・木曜を除く週日、峠のワイナリーのワインを直売いたします。
     土日限定でテラスカフェがオープンします。特に月末の土日は特別開店日としてオープンしています。

     
 
      時間は10:00〜16:00

   

   樽人よりお知らせ
  

    ★お徳用 ひなまつりワインセット販売【各20セット限定】
 
     
      桃の節句のひなまつりを御家族の楽しみにお徳用のワインセットを用意しました。
      大人の方には、ナイアガラのワインを紅白セットにしました。
      
      純粋なナイアガラのみを使って醸造した特別に香り高いナイガラ白ワインと
      新種のぶどうから特別醸造した、ポリフェノールの多い香り高いレッドナイアガラ・ロゼワインです。
      特に透きとおったバラ色(ローズ)が素晴らしいです。

      ナイアガラお徳用2本セットと、おひなまつりの主役、お子様と楽しめるりんごジュースを1本セットにした
      3本セットの2種類があります。

      ワイナリー店頭のほか、オンラインショップでも買えますので、ぜひお買い求め下さい。
      販売は2月25日(土)からはじめます。お電話でのご予約も承ります。


     
<立春のワイナリー>

     2月4日の立春を過ぎ、日差しも春らしくなってきました。
     この厳しい時期にワイナリーのテラスは雪に包まれています。
     しかしストーブと太陽の光であたたまるとまた格別。
     そのテラスの暖かい中でぶどう畑を眺めると目の前には
     何十本という長いつららが陽をあびて7色に輝きます。
     このつららを見るだけで、北海道の冬の厳しさが分かります。

     毎週末にはワイナリーをオープン。テラスでワイン、コーヒー、ホットシードロ、
     タルトフランベなどで厳冬をお楽しみ下さい。
     お土産にはつららも用意できます。
     冬の北海道を生き生きと!(viva hiver Hokkaido)

     <マルベリー(桑の実)ワイン> 完売しました!
     昨年、ワイナリーのマルベリー(桑の実)がはじめて採れました。
     さっそく、リンツァートルテというオーストリアのケーキを作って味わいました。おいしかった。
     醸造した限定数のマルベリーワインを若干数、蔵出し販売していましたが、完売しました。
     2017年産のマルベリーワインの甘酸っぱい希少な味にご期待下さい。(樽人より)


     <ハスカップWジャム再販売!>
     
ばんけい峠のワイナリーで採れたハスカップを原料に、甘酸っぱい
     ハスカップジャムを作りました。第二弾目のロットです。夏の思い出にどうぞ。

   
月末の土日は、特別開店日です。(それ以外の土日も開店しています)
      
      月末開店日は、峠のワイン各種をテイスティングして頂けます
      恒例のつくりたてポップ・シードロ、レッドナイアガラ・ロゼワインもございます。
      シャンパンの様な発泡性のシードロ(りんご酒)やロゼワインをお楽しみください。

   ワイナリーテラス「峠の茶屋」
      毎週末、土曜・日曜にワインに合うフランス風ピザの”タルト・フランベ”(数量限定)を作ります。
      ワイナリーテラスで、雪景色の葡萄畑を見ながら、タルト・フランベとワインをお楽しみ下さい。 
      
そのほかにワイナリー特製パンとチーズのセットや、支配人特製ケーキセットなどございます
      
※パンとチーズは、ご用意がない場合もありますので、お問合わせください

      陽が出るとテラスは最高です。
           
      (写真はタルト・フランベというフランス風ピザです。薄い生地で、軽食感覚でワインのお供に最適です。グラスワイン付きで¥1,500〜です。)

    
 ※ 数量に限りがありますので、お電話かメールでご確認下さい。

       電話 011-618-0522, メール bankeiwine@k5.dion.ne.jp
     

       また月末限定で、ワイナリー支配人特製のパンを、若干数販売のご用意しています。
    
    時間は10:00〜16:00。
    但し水曜日・木曜日は定休日です。


    
団体のお客様は事前にご予約下さい。
    
When visiting the Winery in a group, please make a reservation in advance.
    (TELFAX +81-(0)11-618-0522, E-mail: bankeiwine@k5.dion.ne.jp)


    
★お子様のために

     お子様にはシードルと同じ原料のりんごから、りんごジュースを作りました。
     
ばんけい峠で採れたハスカップジュース、そして無添加・完熟りんごジュースを楽しみにきてください
滝川市江部乙産りんご)
     100%りんごジュースは、12月上旬のシードル仕込み時に作ります。
     またお子様が遊べるブランコがあります。 雪が降ってもテラスのブランコで遊べます。

     ぜひご家族でワイナリーにお越し下さい!!
          

     (ブランコ・・・テラスに冬の間移動します)

  3月の月末テイスティング日は・・・
      3月25日(土)26日(日)です。
   

ばんけい峠のワイナリーの場所

  

交通機関<ばんけいバス>
  
地下鉄東西線円山公園駅バスターミナル4番のりばから10分!
  ばんけいバスに乗車し、10分後、森学舎・峠のワイナリー前下車、戻る方向へ徒歩1分です。
       
 ●ばんけいバス・・・冬ダイヤ(12月20日〜3月31日)/夏ダイヤ(4月1日〜12月19日)

  円山公園バスターミナル発車時刻は、9:40、10:40、11:40、12:40、14:40、15:40です。
  お帰りの"森学舎峠のワイナリー前"発車時刻は、10:15、11:15、12:15、14:15、15:15、16:15です。

  (夏・冬期間は増便されます)
 運賃は円山公園バスターミナルから片道210円。現金のみです。(ICカード未対応です)

  発寒南駅、南北線真駒内駅からも!
  ばんけいバスに乗車し、ばんけいスキー場下車、宮の森方向へ約700メートル、徒歩12分です。

   
  ばんけいバスのバス停が、ワイナリーの前にあります。
   盤渓地区住民の方々が自ら運行を開始し、
   現在は、地域のために、札幌ばんけい株式会社が頑張りつづける路線バスです。
   ご来店のお客様にも是非ご利用のほどお願いします。
   



★駐車場
 ワイナリー駐車場の看板です。赤い屋根と緑の看板を探して下さい。
 お車でお越しの方は目印にどうぞ。
 


  
  
  峠のワイン一覧
        

     ・峠の山ソービニオン2015
        山ぶどうとソービニオンの高貴な香りをお楽しみ頂けます。

     ・シードロワイン
       滝川市江部乙の秋採りりんご(品種:紅しょうぐん等)のシードルです。

     ・赤ワイン2016
       仁木町のキャンベル種、ワイナリーの葡萄畑の山ソービニオン種、山ぶどうを手作りで仕上げました。

     ・白ワイン2015 
       白ワインの蔵出しができました。まだフレッシュですが渋は十分です。
       仁木町のナイヤガラ種、ワイナリーの葡萄畑のザラジェンジェ種ぶどうから作りました。

       香りがよいワインです。
     
レッドナイアガラ・ロゼ
       ナイアガラ白ぶどうの枝変わりロゼぶどうの美しいワインです。甘いナイアガラの香りをお楽しみ下さい。
     ・ナイアガラ2016
       仁木町産のナイアガラぶどう100%で作った香り豊かなワインです。2016年産から特別醸造・瓶詰しました。
     ・山ぶどうワイン北醇
       壮瞥町で栽培された、大陸系山ぶどう北醇種のこだわりの味わいです。

     ・樽生赤ワイン2015
       仁木町のキャンベル種ぶどうをオーク樽で冬を越し熟成させて仕上げました。

     ・樽生白ワイン2015
       仁木町の味の豊かなポートランド種ぶどうをオーク樽で冬を越し熟成させて仕上げます。
       にごり酒ですが、海産物によく合います。
  
   ・アロニアワイン2008(甘味果実酒)
       道産のアロニアを原料とした甘味果実酒。
       原料アロニアは抗酸化物質の含有量が多い北海道の北方系果実です。
       アロニアワインの開発物語は下記サイトにあります。
     ・ハスカップワイン(甘味果実酒)
       道産ハスカップ(自社農場産含む)を原料とした甘酸っぱい甘味果実酒です。
       ハスカップは不老長寿の実とも呼ばれます。ハスカップの風味がいっぱいです。
     ・マルベリーワイン(甘味果実酒)
       ばんけい峠のワイナリーで収穫された桑の実100%の甘味果実酒です。
       原料が少ない為、若干数限定です。桑の実の風味は上品です。是非ご賞味下さい。

       

"


    ワイナリーの関連商品の販売
      ばんけい峠のワイナリー内にある、さっぽろチーズ工房のチーズ。
      八紘学園の新鮮な牛乳から吊るしチーズとして作りました。
      ソフトタイプ、セミハードタイプで、燻製タイプ、ウォッシュタイプ、ワイン粕漬タイプなど
      不定期で製造しています。(無い場合もありますので、お問合わせ下さい)
      

    
  ワイン粕でウォッシュしたチーズもあります(珍味)。

       ライ麦シードル酵母パンの販売(ばんけい峠のベーカリー
      

   
   シードル酵母とライ麦を使ったドイツ風シードル酵母パンです。(数量限定・若干数)
     毎月末の最終土曜・日曜に販売します。

     テラスカフェ"峠の茶屋"
     峠のワイナリーに併設してあるテラスカフェです。土日限定で、軽食・珈琲などをご用意しています。
      ワインセット、四季折々の素材を生かしたケーキセットやガレット等を開店日に用意予定。
     (ガレットご希望の方は事前にお問合わせ下さい)
      

      (写真は春のガレット(そば粉のクレープで、春の山菜を乗せています)。シードルにお洒落なガレットをどうぞ

 ばんけい峠のワイナリーワインの取扱店のご紹介


★ 札幌市内
 ・ラッキー山の手店(札幌市西区・2008年より取り扱っています)     
 ・ラッキー発寒店          
 北海道どさんこプラザ(札幌市中央区・JR札幌駅)
  マックスバリューマルヤマクラス店 (札幌市中央区)
  地酒仙丸(札幌市南区)    
 ・ワインショップフジヰ(札幌市中央区)             
  コープさっぽろ にしの店(札幌市西区)

★ 北広島市
  ホクレン くるるの杜(北広島市・農産品直売所)

★ 新千歳空港
  Wine&Cheese北海道興農社(新千歳空港・国内線2F

  ・過去の取り扱い実績店

 地酒仙丸

   2004年11月から、札幌市南区の地酒仙丸が、
   ばんけい峠のワイナリーのワインを取り扱っています。
   "地酒仙丸"は、全国各地の日本酒・本格焼酎を蔵元直送で取り扱いをされているお店です。
   アロニアワインなどのネット販売は地酒仙丸さんもおこなっています。

 ラッキー山の手店

   2008年11から、札幌市西区山の手の"ラッキー山の手店"が、
   ばんけい峠のワイナリーのワインを取り扱ってくれることとなりました。
   ワインコーナーの中にばんけい峠のワイナリーのワインの
   赤ワイン、白ワイン、樽生、さっぽろオリジナル、山ぶどうワイン北醇を加えてくれました。


2017年の動き

今年も2/16に「北を拓く 道産ワインの夕べ」に出展しました。
 峠のワイナリーのワインをぜひお試し下さい。たくさんのご来場ありがとうございました!



2016年の動き


TV番組 HBC北海道放送・今日ドキッ!生中継がありました

     2016年9月28日、HBC北海道放送のテレビ番組「今日ドキッ!」内のコーナーで生中継されました。
     ばんけいワイナリー内、カフェテラスで提供している「タルト・フランベ」、ワイナリーオリジナル「ガレット」と
     峠のワインのマリアージュを小橋アキさんにご紹介頂きました。

BSジャパン「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」の番組取材がありました。
     

      2016年、8月22日(月)        

         辰巳琢郎さんがBSジャパンの番組取材で、ばんけい峠のワイナリーにご来場されました。
 

      場内のぶどう畑をご覧になった後、テラスカフェでワインテイスティングを樽人・田村とともにされました。

 

      辰巳さんと樽人との和気あいあいとしたテイスティングの様子が収録されていました。

  

      収録が終わってからも、おふたりのワイン談義に花が咲いていました。

 
      ワイン好き人の会話が楽しかったです。大変なワインの愛好家です。(樽人)

      (放送日2016年10月2日 衛星放送BSジャパン、23:30〜) 
 

ライラックまつり・リラマリアージュに参加
 
2016年5月18日〜29日まで、札幌大通り公園にて、さっぽろライラックまつり2016に出展しました


2015年の動き
樽人ラジオ出演
  さる2015年9月20日に、HBC北海道放送のラジオ放送 「ほっかいどう元気びと」 に樽人がゲストとして出演しました。
  こちらから、ぜひ御聴取いただければと思います。
  番組名:「ほっかいどう元気びと」
   



★ワイン醸造研修のご案内 

  ぶどうやりんごなど優れた果実の多い北海道では、それらの加工技術として
  醸造技術が重要になっています。当研究室では研修期間は3カ月を原則として
  おりますが、ワイン醸造の実習も含めワイン醸造の研修を行っています。
  規定の20講座を習得してもらえる内容となっています。
  最終的な目標は、酒税法にもとづく醸造免許を得て、ワイナリーを開設することに有りますので、
  醸造技術のみならず、事業計画や、認可の申請書の作り方など、かなり実務的な作業も含むことになります。
  また、葡萄の手入れなど原料確保の方法も自習して頂きます。

  ワイナリー研修費 ・・・お問合わせ下さい。(3カ月)
  研修費用は先払いとなります。
  経験によって、研修内容の変更もできますので、御相談下さい。
  多少困難な課題もあるかと思われますが、講師陣一同親身になって解決の知恵
  を絞りますので、ご安心下さい。

  お問い合わせは

  代表取締役 室長 田村修二
  電話 011-618-0522


ばんけい峠のワイナリーとは

 樽人の1985年の著書"北海道産業論序説"の冒頭"チーズとワインとクラーク嬢"で思いが記述され、

 農家の恵に惚れ込んだ樽人が手作りで果実酒をつくる2001年に開設した小さな醸造所です。

 ワイン・シードル文化の新たな楽しみを提供し、北海道の新たな食文化を発信する醸造所です。

 この思いは、樽人の1985年の著書"北海道産業論序説"の冒頭に"チーズとワインとクラーク嬢"で述べています。

樽人の著書"北海道産業論序説 アマゾンで販売中です。
  http://www.amazon.co.jp/

 樽人のライフワークである地域産業振興推進を押し進める方々の集いの場でもあります。

 醸造所の敷地面積ではたぶん日本では一番規模の小さなワイナリーです。

 

ばんけい峠のワイナリーのワインの特徴

 ばんけい峠のワイナリーは果実を酵母の力だけでワインに作り上げます。

 酸化防止剤を加えない”無添加ワイン”です。

 発酵という酵母の活躍が果実に大人の味を加えてくれます。

 この素朴で単純な醸造方法を取り入れた手作りです。

 酵母の活躍度合いによって果実が表す味も異なります。

 隣接のぶとう畑では独自の品種を育成中です。

 

ばんけい峠のワイナリーの製品一覧


ワイン用ブドウの栽培講習会

    インストラクター:ぶどう栽培家 近藤良介
     〜第1回 初夏の栽培技術〜2008年6月28日(土)、29日(日)
     〜第2回 冬支度の栽培技術〜2008年11月29日(土)、30日(日)
     〜第3回 春の管理作業 〜苗植えと芽かきの技術〜2009年5月31日(日) 
    参加費 1,000円(税込) コーヒー又はシードル付
    内容:資料を使っての簡単な説明、盤渓圃場の説明、実際の管理方法、質疑応答
    
    ワイン用ブドウ栽培にご興味のある方、ワインの基礎知識を栽培から経験したい方が多数参加いただきました。


ばんけい峠のワイナリーのワイン文化講座(クリックすると過去のワイン文化講座をみられます)

ばんけい峠のワイナリーの実験市場(クリックすると過去の実験市場をみられます)

 日頃から地域産業振興で交流のある生産者さんが自らの商品を持ってこられ市場を開きます。(2002年〜)

あじ研北海道"http://www.ajiken-h.jp/interview/008/


ばんけい峠のワイナリーに関するお問い合わせは

郵便番号 064-0945

北海道札幌市中央区盤渓201-4

電話&FAX 011-618-0522

E-mail :  bankeiwine@k5.dion.ne.jp


※団体のお客様は事前にご予約下さい。
    
When visiting the Winery in a group, please make a reservation in advance.
    (TELFAX +81-(0)11-618-0522, E-mail: bankeiwine@k5.dion.ne.jp)
 

Access Counter無料カウンター名様(設置日:2017/2/26より)