シトロエンXMは故障が多いか?

私自身XMに乗り始めて6年ほどになりますが、高速におけるフラット感、安定性、あの車格でのハンドリングの素晴らしさには感動します。

しかしながらいくつかの故障も経験し、また多くの人が「XMは欠陥車」というのを耳にしてきました。自分自身でトラブルを経験し、それらを克服して以下を確信するにいたりました。

「XMは機械ものゆえに壊れる事は避けられない。しかしながら他の外車と比べて故障の確率が著しく高いというわけではない。故障が発生した時には中途半端な修理でお茶を濁す事なく交換すべき部品はケチらずにきちっと交換することによって高い信頼性が確保出来る。」

このことに多くのXMオーナーの方々は気付いておられると思います。にもかかわらずオーナーの方々は修理のために多大な出費に泣かされておられます。

なぜでしょうか?? 

それは国内での部品の価格が高すぎるからです。もし部品の価格が手頃であれば、必要な時に必要な部品の交換が躊躇せずに行なえ、部品を交換せず騙し騙し乗り続ける事による最悪のシナリオ(抹消 廃車!!)を避けられ、20世紀の最後に生まれた類い稀な素晴らしいXMを堪能出来るのです。

私の知人にも騙し騙し乗っているうちにあちこちが壊れ始め、とうとう車をもちこたえられなくなりなくなく手放す事になった方がいらっしゃいます。

家族のいる私にとっても値段の高い部品は頭痛の種でした。しかしながら幸いにも仕事を通じて海外とのやりとりには慣れていた為、欧州でポピュラーな値段のこなれた社外部品を個人で輸入することにより不要な出費を押えてなんとか乗り続けてきました。そしてこのたび以下を願ってこのホームページを立てあげることにいたしました。

あすなろの願い

1. 1台でも多くのXM(Xm)が日本全国の道路を元気に走り回ることを願う。

2. 「XMは欠陥車」という悪評を払拭し、XMの素晴らしさを少しでも多くの方々に味わって頂く。

3. 部品の値段の高さに泣かされ続けて来たXMオーナーの方々の家計に少しでも貢献する。

うちのXMブレークのメーターは22万キロを越えましたが、社外部品を用いてメンテを行い、国産車やメジャーな外車とならんで東京の激しい渋滞の中を毎日家族のアシとして元気に働いてくれています。

あすなろ代表 須賀信平

 

あすなろのポリシー

自動車の修理も医薬の分業と同じように、”修理業務”と”部品販売業務”とはそれぞれ独立したものであるべきだと考えております。

 

このパーツでいいの? どのパーツかわからない!

不明なパーツがあれば写真を送りいたします。

以下の”お問い合わせはこちらまで”宛に写真の送付を御請求ください。

   

お問い合わせはこちらまで

TOPへもどる