Gallery別館:Origami(創作連鶴3)



     屋根裏工房ギャラリー別館です。




RENSA1

RENSA2

《連鎖折り十六連》



     《連鎖折り》

     一見どこにでもある(?)連鶴に見えて、よく見ると実は四連の連鶴が鎖状に繋がっています。

     名前も安直に《連鎖折り》にしました。笑。

     当然気力さえあれば鎖はいくらでも長くすることが出来るので、折り鶴で出来た首飾りという

     ようなものも作ろうと思えば作れますが、限りなく面倒くさいです。

     ちなみにのりや接着剤の類いは一切使用していません。





DSCF0071《羽鶴折りa》 

DSCF0076《羽鶴折りb》 



     《羽鶴折り》

     一枚の正方形の紙に切り込みを入れ、分割された箇所がさらに全て正方形であるような

     元紙で作った連鶴を、パズル的な要素が高いので、《羽鶴折り》と定義することにしました。

     ごく簡単なものであれば正方形を四分割して作った連鶴も《羽鶴折り》といえます。

     さて《羽鶴折りa》と《羽鶴折りb》ではどちらの鶴の数が多いのでしょうか?

     お暇な方は是非数えてみてください。



YUKITURU2《雪の華折り三十三連》 

     《雪の華折り》

     意図したわけではないのですが、出来上がった作品は雪の結晶みたいになりました。

     名前はネット小説紹介サイト『LB』オーナー、小島小鳥さんにつけてもらいました。

     素敵な名前をありがとうございます。



UNIHISI2《虹輪鶴十二連》 

     《虹輪鶴十二連》

     ユニット連鶴と菱鶴の複合作品です。

     ネットの友人であるにこりん坊から出してもらった

     アイディアを元にして名前を付けました。

     サンキュ、にこ!



     作品No.J−1《連鎖折り十六連》 

     作品No.K−1《羽鶴折りa》 

     作品No.K−2《羽鶴折りb》

     作品No.L−1《雪の華折り三十三連》 

     作品No.M−1『虹輪鶴十二連』



     *ここで紹介する作品、および画像の著作権はすべて当HPの管理人である自分にあります。

     作品はすべて自分の考案したオリジナルではありますが、

     特に第一考案者であるかどうかなどの確認はやっていません。

     その点をご容赦、ご考慮ください。



         *Toppage

         *Gallery本館

         *Gallery新館

         *Gallery小館