dictionary:あ行



あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

   あい【愛】

    ある特定の存在を、自分の命よりも大切に思うこと。

    命は一つしかないので本来愛も唯一無二であるが、

    しばしば「俺は同時に何人の女でも愛せる!」とほざく輩がいる。

    そんなの、愛じゃねぇつーの、このボケ!!

    →いのち【命】


   アイスクリーム【ice cream】

    夏に食す冬の一欠けら。

    というと風情があるが、実際は年がら年中食べられている。

    


   あした【明日】

    今日の次の日に訪れるといわれている一日。

    漢字で書くと明るい日であるが、実際は明るくないことも多い。

    


   いのち【命】

    神様と呼ばれる存在が、すべての人間に対してたった二つだけ等しく与えたもののうちの一つ。

    ちなみにもう一つは時間。

    もっとも人間がその存在に気づくのは、死ぬ間際か、死を意識した瞬間だけである。

    →かみさま【神様】、→し【死】、→じかん【時間】


   うそ【嘘】

    意図的に事実ではないことを述べること。

    子供の頃に大人からついてはいけないといわれる。

    大人になって、それが人生で出くわした最初の嘘だとわかる。

    →おとな【大人】、→こども【子供】


   えいが【映画】

    およそ二時間前後の時間を、時に見ず知らずの他人と肘をぶつけつつ、

    暗く閉ざされた密室の中、ひどく退屈な映像を見せ付けられる拷問の一種。

    ごくたまに何かの手違いで素晴らしい映像が流されることがあるが、本当にごくたまに、である。

    


   おとな【大人】

    夢を忘れてしまった人々の総称。

    現実的であるが、現実に打ちのめされている。

    →げんじつ【現実】、→こども【子供】、→ゆめ【夢】


   おりがみ【折り紙】

    貧乏人に許された、数少ない芸術の一つ。

    想像力の乏しい人間にとっては単なる紙くず。

    






   

     Toppage