飛騨高山よしま農園は、無添加赤かぶ漬物と無肥料無農薬栽培野菜の生産直売店です。

よしま農園では無肥料無農薬栽培を実施しています。 
岐阜県高山市上切町378番地 電話0577-33-6216 お問い合わせメール
 
 通信販売法による表示・プライバシーポリシー


 農園トップ

 
 野菜の直売


 業者様へ(卸販売)

 願 い

栽培基準
品質保証

(自然農法)

農園の景色


 

 飛騨高山よしま農園は、無肥料栽培を実施しています。

無肥料栽培

 →→→ モット詳しくは、別サイトで紹介しています。ご覧ください。
 http://www.h3.dion.ne.jp/~muhi/index.htm


 
簡単に紹介します


無肥料無農薬栽培って何?

 無肥料栽培とは、化学肥料・農薬はもちろんのこと、有機肥料(畜産堆肥、米ぬか、油粕、魚粕を含むl、自然堆肥)を一切使用せず、土壌と作物そのものがもつ本来の偉力を発揮させることで作物を栽培する農法のことです。基本的に、除草、耕起、十分な管理はしっかり行います。





  はじまりは・・・病虫害に悩んだ有機農法

 もし、私が有機農法で十分な収穫を得て、経営が安定し、品質・味・安全性ともに満足のいくものが生産できていたなら、決して無肥料栽培には踏み込まなかっただろうと思います。

 私は農家として、有機農法を行ってきました。もともと化学肥料農薬を使用する農業には抵抗があったので、無農薬への自分自身の信念だけは通そうというチャレンジ精神は良かったのですが、実際に有機農法に取り組むと様々な障害が生まれてきました。「土づくりさえしっかり行えば病虫害がなくなる」とは、有機農法の格言のようなものです。

 良いといわれることは色々試してきました。しかし、解決できることよりも年々膨らみ続ける問題のほうが大きくなり、ついには極端な減収と、品質の低下を余儀なくされてしまっていました。「私がこれから先、何十年努力しても無農薬は無理かもしれない・・・」こんな思いが年々膨らんできていたとき、私に、起死回生にもなるような指針を与えてくれたのが無肥料栽培でした。
自然の森の木々、草葉は病虫害がほとんどない

 身近な山々の木が病虫害で全滅したとか、川原に育つ草々が虫食いだらけということはありません。もっと自然らしく、自然から学んでみたとき、新しい気付きがありました。

身近な森の自然は人が肥料を入れることはありません。

 実際、森の落ち葉には十分な肥料成分はありません。そして森の土にも十分な肥料はありません。なぜ森は大きな大木を育てる力あるのでしょうか?





今までの農業の、安全性と永続性への疑問


  安全な農産物って何?・・・

●化学肥料・農薬の害・・・なるべく避けたいですね。

有機農産物については?
  • 硝酸態窒素の問題・・・無農薬でも、野菜に硝酸態窒素が多いと、人に害になる(ヘモグロビン血症、発ガン性物質の生成。有機肥料でも同じことが起こる場合がある)

  • 有機肥料の原料のなかには・・・原料の質が問題に・・・化学物質過敏症では、無農薬でも病状が悪化する場合がある。市販の有機肥料には肉骨粉が多く使われている(ヨーロッパで狂牛病が発生したときの肉骨粉の多くが日本へ肥料という形で輸入されていた)。

  • 特に未熟な畜産堆肥は不安

    ・・・できれば使用しない。もし利用するときは、無害化する工夫が大切

    • 窒素過剰・・・硝酸態窒素の過剰蓄積を生みやすい
    • 薬害と耐性菌・・・飼育時の抗生物質・ホルモン剤などの残留
    • 塩分蓄積・・・糞尿中の塩分。過剰になれば、砂漠化と同じことに
    • 外来雑草種子による地域生態系の破壊・・・輸入飼料の中にある


●環境 汚染

  • 堆肥・肥料過多(長年施用)によって、余剰窒素の地下水汚染、河川の富栄養化。
    (化学肥料はもちろん、有機肥料も多すぎては問題になること)

  • 自然生態系への影響・・・帰化植物、外来天敵昆虫などによる

●輸入がストップした時に出来なくなる日本の有機農法

  • 特に、低い有機肥料自給率の問題

       ・・・
    肥料依存の農業は、これからも続きますか?・・・・

    • 堆肥(家畜糞尿)・・・日本の家畜が育つ飼料は70%が輸入飼料=堆肥自給率30%。
    • 堆肥(自然の草など)・・・もし、農家全てが有機農法を行ったら、絶対量が不足。
                                   ・・・・有機物の争奪戦になる・・・・
    • 有機肥料の主原料(油粕)・・・国内生産量 2.3%。有機肥料の原料のほとんどが輸入品








 
無肥料栽培への転換

 病虫害、土壌の悪化、その原因は、今まで入れてきた肥料にあることに気づきました。


1・肥毒(ひどく)という考え方

   ・・・化学肥料も有機肥料も同じく害になる


本来、土は、植物を十分に育てることができる機能をもつ。

今までの農業は、「植物を育てるのには肥料が必要」だと思い込み、肥料を施してきました。その結果、土のもつ本来の力(機能)が失われれてきました=肥毒。

土壌の力(肥料の消化能力)以上の量の肥料を入れると、病虫害の原因となる=肥毒。



2・肥料を入れなくて、野菜が育つのか?

 この栽培は、土の力を生かす方法です。


土がもつ機能が最大限に発揮できる状態になると、人が肥料を入れる必要がなくなります。それでも収量があり、高品質な農産物が収穫できるようになります。

 施肥栽培では、肥料の力で栽培します。無肥料栽培では、肥料の力はなく、土の力だけに依存することになります。


単純に無肥料にすればすぐに施肥栽培と同じような収穫ができるということはあまりありません。できるようになるためには土に溜まった、残留肥料や異物となるものをできるだけ除くと同時に、土そのものの力をつけていきます(基本的には土壌のCECの向上)。また、実際の栽培に携わる人の繊細な技量や自然を見る目が重要になってきます。

  植物は何を吸って大きくなるのか   

肥料の力か、土の力か・・・・今まで私たちが畑に入れてきた肥料は、そのエネルギーの代わりになっているものです。本来、植物の成長は物質元素よりも、エネルギー体の吸収に大きく依存しているのかもしれません。 


※例えば、窒素固定菌・・・
  施肥条件では増殖が少ないが、無施肥条件で増殖率が高くなる傾向。
(人が肥料を入続けるのか、それに代わって自然界の微生物が養分供給の助けをしはじめるのかの違い)

 そして本来、植物には、
●不足する養分を自ら作り出す能力が秘められているそうです




3・無肥料での工夫

 ・・・すぐに結果がでることはないから(露地で3〜5年、ハウスは7年以上) 

  • 障害となっている肥料(肥毒)が残っているとき・・・解毒作用として一時的に多く病虫害がでたり、生育が止まることがあります。

    (これは麻薬中毒のようなもので、まさしく土が肥料中毒にかかっているようなもの。この一時的な現象はまさしく、禁断症状です。けれども、それを乗り越えると、本当の土の活力が生まれてきます。)


  • 作物にあった土壌になるように・・・

     肥毒がなくても、作物にあった土壌になることが大切。例えば、森は豊かな土壌ですが、野菜は育たない=木を育てるのが上手な土壌だから。野菜づくりの畑は、野菜作りが上手な土壌になる必要がある。自然の原野とは違う。

  • 環境作りの大切さ・・・土が極端に固まっていませんか? 排水性が悪いところがありませんか? 作物が育つための環境をできるだけ良くしましょう。

  • すぐに結果はでないので、じっくり取り組むのが大切・・・・一般栽培から無肥料栽培に転換して、すぐに良い結果がでるということはまずない。

  • 何よりも心が大切!・・・愛情をもったお世話で、声(こえ)かけは、みえない肥え(こえ)になっている?
    作物と土壌は、農家の心を反映させている。






 無肥料栽培の実際 (無肥料栽培の特徴)

 ●利 点
 ・ 特 徴
  • 肥料代がいらない
  • 労力が減る
  • 収量が安定(施肥栽培の1〜2割減)
  • 病虫害がほとんどなくなる。
  • 鮮度が長持ちする。
  • 土のにおいが無くなる?(過剰な有機物の発酵と腐敗がなくなる。森の土はくさくない)
  • 気候の変動や異常気象に強い
  • 次第に雑草が少なくなる(雑草は主に土壌のアンバランスを整え、過剰肥料を吸収している)
  • 品質の良い農産物が収穫できる(形、味ともに)


 ●欠 点

  • 実施しても、すぐに結果がでにくい・・・自然を見る目が大切
  • 収量が不安定になる・・・転換から数年は極端な減少も
  • 実施者がすくなく、ノウハウや技術がまだ未確立
  • 土の力に結果が大きく左右されることがある
  • まだまだ、周囲には理解されにくい(結果が出ていれば問題ない)



葉が小さく、根が大きい無肥料栽培の大根・・・葉が茂らないから少ない葉で効率よく十分な光を受ける。蒸れないから病気が発生しない。肝心な収穫するところは普通並。無駄な成長がない証拠。
●作物
がスマートな姿に・・・
   (収量は普通並へ)


(・・・逆に肥料で育った作物は大きく、葉がよく繁るから、実が影になって、花落ちが多く、収穫が少なくなる。大豆の場合、無肥料だと2倍近い収量があったという報告があります)。必要最小限の土の力(養分)を無駄なく利用するために、余分な成長をしない。

極端に無駄に茂らないから、風とおしがよく、病虫害が発生しにくい環境になる。



自然な味(野菜本来の味)

 スッキリとした味が特徴。さわやか美味。野菜本来の味。変なエグミや、苦さはほとんどありません。

 農産物は何を吸って大きくなったか?・・・吸ったもので味が決まる。

  • 化学肥料・・・味がない。舌がピリピリする感じ・・・化学肥料の味?
  • 有機肥料・・・美味しい=有機肥料の味。堆肥を使えば、堆肥の味。ミネラル、アミノ酸等が豊富に吸収されるので結構美味しい。動物性肥料(骨粉、魚粕・・・アミノ酸)を使うとコクがでる。それが美味しさになる。

  • 無肥料・・・自然の味。スッキリとした野菜本来の味。物足りない感じもする。




・・・誤解のないように・・・

@誰にでもできる方法ですか?・・・・何よりも経験の積み重ねが必要。

始めはだれでも多くの失敗があります。実施農家の方は、長年の試行錯誤の上に実施されております。

Aどこでもできる方法ですか?・・・どこでもできません。

土壌に適性があるので、できない作物も、作物によっては、できにくい土地もあります。しかし、基本的には土壌が良くなれば、どんな作物でも素晴らしいものが収穫されます。

Cほとんど手入れを必要としませんか?・・手入れは一般栽培以上に必要です。

放任ではなかなかできません。作物にもよりますが、十分なお世話が必要です。不耕起でも、草生栽培でもありません。

D資材や機械を必要としませんか?・・・機械、資材が必要不可欠です。

家庭菜園、小規模ならいいのですが、ある程度、農家として経営レベルで行う場合、効率化のために機械や資材は一般栽培並に必要になる場合もあります。









  今、話題の無肥料栽培とは、

現代農業誌2005年10月号
「現代農業」(農文協)2005年10月号
土壌肥料特集〜今、話題の無肥料栽培とは〜
掲載記事より転載
(文、与嶋靖智)



 項 目 ■

  1. 「有機農業」とも「放任栽培」とも違う「無肥料栽培」
  2. 「肥毒(ひどく)」=肥料の害、という考え方
  3. 無肥料でなぜ作物が育つのか
    • 植物の根の自作自演 チッソ固定菌も菌根菌も無肥料でこそ生きる
    • 現在の科学では説明できないが……

  4. 無肥料栽培実施にあたって、取り組むべき課題は大きくあげて二つ。
    • 土にたまった肥料を抜く
    • 物理性改善は、無肥料栽培でもとても重要

  5. 大自然と土の偉力を感じよう

  1.「有機農業」とも「放任栽培」とも違う「無肥料栽培」

 もし、私が有機農法で十分な収穫を得て、経営が安定し、品質・味・安全性ともに満足のいくものが生産できていたならば、決して無肥料栽培には踏み込まなかっただろうと思う。もともと化学肥料・農薬を使用する農業には抵抗があったので、無農薬への自分自身の信念だけは通そうというチャレンジ精神はよかったのだが、実際に有機農法に取り組むと様々な障害が生まれてきた。

 「土づくりさえしっかり行なえば病虫害がなくなる」とは、有機農法の格言のようなもの。

いいといわれる資材をいろいろ試し、お金もかけた。しかし……、解決できることよりも年々膨らみ続ける問題のほうが大きくなり、ついには極端な減収と、品質の低下を余儀なくされてしまっていた。

「私がこれから先、何十年努力しても無農薬は無理かもしれない……」こんな思いが年々膨らんできていた。その私に、起死回生にもなるような指針を与えてくれたのが無肥料栽培であった。

「無肥料栽培」とは、化学肥料や農薬はもちろんのこと、有機肥料(油カス、魚カス、骨粉、堆肥などを含む)などをいっさい使用せずに栽培する農業である。そして、決して放任栽培ではない。適度な除草や耕起は十分に行なうし、各種作物に適ったマルチ栽培、ハウス栽培などを否定するものでもない。

しかし……、それで農業経営が成り立っていくのだろうか。肥料なしでは土から養分を搾取するばかりで、土は年々痩せていき、ついにはまったく何もできなくなってしまうのではないか……と誰でもが思う。げんに私も最初はそうであった。だが、事実はそれとは反し、この農法を実施する農家が近年全国各地で急速に増加している。

なかには農家として二〇年以上もこの栽培を実施し、相当の成果(収量は、その地域の一般慣行栽培の一割から二割減が平均)を上げている人もいる。


 2.「肥毒(ひどく)」=肥料の害、という考え方

 なぜ、無肥料栽培なのだろうか。実施農家の多くが「肥料は毒だ」「肥料で土が弱る」という。


 一般的に肥料の害として知られているのは、化学肥料の連用による弊害である。土壌微生物(生物性)の激減や土壌物理性の悪化(単粒化)。有機肥料だとそのような弊害はないといわれているが、別な形で害を生むことがある。

有機物を未分解の状態で土に混入すると、それを分解するためにあらゆる微生物が旺盛に働く。このとき、分解程度が浅いほど、土壌病原菌に属するフザリウム・ピシウム・ネコブセンチュウなどの増殖を促し、発生する未熟ガスが作物の根を傷めてしまう。

 ところで、土壌の状態の良否は、ベッド(ウネ)の土と、その上のマルチの内側につく水滴(マルチ水滴と呼ぶ)のpHの違いでわかる。通常の原野などでは、この両者間には差がない。しかし、施肥栽培を繰り返し、未熟な有機物の連用を繰り返しているようなところでは、ベッドの土よりもマルチ水滴のほうが酸性になっている。現在の日本のほとんどの耕作農地がこの状態にある。逆にいい土といわれる状態は、マルチ水滴の のほうが高くなる。無肥料栽培では、この状態の土になることが目標である。


 また、「肥料は毒だ」といわれる最も代表的なことに、農産物中の硝酸塩(硝酸態チッソ)による人体への害がよく知られている。硝酸塩は人体に入ると、血液中のヘモグロビンと結合し、極度の酸欠状態と呼吸阻害を引き起こす(チアノーゼ現象)ほか、体内のアミノ酸と結合し、ニトロソアミンという発癌物質にまで変化する。近年このことが広く知られるようになり、減肥の必要性が叫ばれ始めたが、実際の現場レベルの農業においては収量の減少を懸念して、なかなか解決に動かないのが現状ではないだろうか。

また、減肥対策の一環として化学肥料から有機肥料へと移行する産地も多く出てきたが、実際の収穫物中の硝酸塩を計測すると、かえって有機肥料施用時のほうが硝酸塩残留度が高く計測されてしまったという事例が数多く報告され始めている。

 有機・無機を問わず、施肥に伴う過剰チッソは様々な障害を生み出す。土壌中の塩類濃度の上昇は浸透圧を高め、作物体から水分を逆流させる「根焼け」がおこるリスクや、硝酸塩が土壌に集積するとカルシウムやマグネシウムなどの塩基の流亡が促進されてしまうこともある。また、特に過剰チッソ施用は、農地の周辺水系の富栄養化や地下水の高濃度チッソ汚染にもつながっていることを忘れてはならない。



 3.無肥料でなぜ作物が育つのか


 さてしかし、無肥料なのになぜ作物は立派に育つのであろうか。これはなかなかの難題である。


植物の根の自作自演 チッソ固定菌も菌根菌も無肥料でこそ生きる

 植物は、光合成などの同化作用によって生まれた物質の一部を、根の表皮細胞から高分子の有機物(ムシゲル)として放出している。このムシゲルはC/N比が高く、チッソ固定菌や菌根菌などの活動を促進している。これらの微生物が外界から集めてくるチッソやリン酸などの量ははかりしれない。

 また、意外に多いのが根の脱落細胞。地中には、作物自身がどんどん根を張らし、新陳代謝して細胞を脱落させる。ときには枯死した残根という形でも地中に有機物を供給する。これらはムシゲルとは逆にC/N比が低いため、タンパク質分解微生物が根圏を取り巻いて活性化し、その働きに伴って多量のアンモニアを生成させている。

 このように、根が分泌した有機物は、新しい物質へと変化し、根に再吸収されていく。植物は自らが生き繁栄するために、周りの土壌と微生物を根の働きによって豊かにし、そこから自らが生長する糧(肥料)を得るという、まさに自作自演で生長するような仕組みを持っている。

 ここで注目すべき点は、このような作物の自作自演現象が、施肥条件下では著しく劣ることである。無施肥条件で土壌中の残留肥料がなくなったときほど、チッソ固定菌、リン酸吸収を助ける菌根菌などは増殖をはじめ、菌体肥料として直接作物を助ける力となるのである。


現在の科学では説明できないが……

 これらの微生物の働き、また降雨や地下水に含まれる肥料分、そして地力チッソの放出……など、無肥料栽培のチッソ源はもう少し挙げられるかもしれない。だが、それら天然供給のチッソ量を「過大評価」したとしても、やはり、無施肥条件下で長期にわたり作物が一般栽培に劣らないほどの収穫できるという理由を、今現在の農学の範疇では十分説明できない。

 現在の施肥農業は、植物を生育させる栄養素はチッソ・リン酸・カリのほかに一六種の必須微量元素が必要で、植物の生産量は最も不足する無機成分量に支配されるという「最小養分律」の概念が基本になっている。したがって、不足成分をバランスよく補うことが大切になる。しかし無肥料栽培の場合、不足成分を人為的に補うことはない。植物は必要不可欠な成分をどのように得ているのであろうか。

その答えとなる説のひとつに「元素転換」がありそうだ。一般の化学では異端視されている説だが、量子力学の見地からすると、その正当性が成り立ってくるそうである。

元素転換は常温核融合と同じく、ごくわずかなエネルギーでも起こり得るといわれている。そのエネルギーのもとになっているのが、植物と人間が共通してもつ微弱な生体電流だともいわれ、特に人が放つ生体電流は作物の生長に大きく影響を与えているのだそうだ。

簡単にいえば、農家の体や心の状態までもが作物に影響する。つまり農家が愛情をもって作物に接し世話をする、その心の声(こえ)こそが、見えない肥(こえ)になっているのかもしれない。

 本誌三月号で紹介された旧暦を応用した農業も、宇宙規模の生体電流(月の場合は引力)の影響だと解釈すれば説明ができよう。このようなエネルギーは、すぐさますべての農地で作用するとはいえないだろうが、条件さえ整えば、無尽蔵に供給されるらしい。






 無肥料栽培に移行するには これまで普通に肥料や農薬を使って農業をやっていた人が無肥料栽培に転換した場合、すぐに安定的な収穫を得られるということはまずない。土壌が無肥料栽培にかなうように変化し、生産量が安定するまでには三年から五年ほどかかるといわれている。


 4.無肥料栽培実施にあたって、取り組むべき課題は大きくあげて二つ。


土にたまった肥料を抜く

 ひとつには、土壌中に含まれる残留肥料と未分解有機物をできるだけ早く除去浄化させることである。長期的にみた無肥料栽培の収量の推移は、その残留肥料が抜けるまでの期間は減収するが、抜けきったある時点からみるみる収量が増収へ転ずる傾向がある。ある時点から土壌の何かが変わるのである。

残留肥料が化学肥料主体の場合は溶出が早く残留性が低いため、数年のうちに土壌が変化する。しかし有機肥料の場合は土壌粒子との結合が強く、溶出と分解も緩慢で残留肥料(肥毒)が抜けるのが遅いため、土壌の変化には長年を要する傾向にある。


物理性改善は、無肥料栽培でもとても重要

 二つ目は、田畑の環境整備と物理性の改善である。たとえば水はけの悪いところは改良し、畑地で耕盤層がある場合はそれを解消する。また、作物ごとに合った栽培体系をさらに研究し、好適な栽培環境づくりに努めることが大切である。この点は農業の基本であるが、一般には施肥という外力によって、そのような内的環境要因の優劣が見えにくくなっているのも事実であろう。

無肥料栽培で尊重するのは、施肥概念の最小養分律ではなく、作物のもつ力を最大限に発揮させられるための「最小環境律」の向上である。ちなみに、現在の作物品種は多肥要求性のものが多いことから、それとは逆の無施肥条件に十分適うような品種があれば理想的である。それには農家による自家採種が最もよい。



 5.大自然と土の偉力を感じよう


 無肥料栽培の作物は、施肥によって生じる物質的な過剰がないため、病虫害が極めて少なくなる。これは、自然の原野山林がそうであることにも共通している。

 実施農家は、「転換後数年は不安定だったけれども、次第に収量が伸び、品質も格段によくなり、きわめて安定してきた」「肥料代がなくなったので、ほかの機械や設備などにお金を使うことができ、総合的に作業がラクになり、収入にもゆとりがでてきた」などと、皆共通して口にし始める。

あわせて極端な天候の変化や生理障害に影響されない強靭な作物が育つ状態となり、そこから収穫される農産物は中国漢方医学で言われる「上薬」以上の働きをもつような力強い農産物が収穫できる。


 無肥料栽培に固執し、すぐさま実施することは難しいとしても、現在の過剰施肥がもたらしている様々な土壌障害を今一度見つめなおし、今まで気付かなかった、はかりしれない大自然と土の偉力を見出すべき時期が来ているのではないだろうか・・・。

無肥料栽培はその新しい可能性を感じさせる。


「現代農業」(農文協)2005年10月号
土壌肥料特集〜今、話題の無肥料栽培とは〜
掲載記事より転載
文、与嶋靖智








詳しくは、無肥料栽培専用サイト で
 掲載しています。

 詳しくは、ご覧ください。


 ↑よしま農園作成です↑

全国各地で同じ栽培方法で行っている農家さんの紹介も掲載しています。



  
日々、季節の移り変わり、
その姿を豊富な写真でご紹介します→
 
きゅうりの様子カボチャ畑の様子ピーマンの様子




・・・・農園から見える景色です。日本アルプス一望!・・・・









とびきり美味しいトマトは誰もが納得します。


無添加漬物無農薬野菜 飛騨高山よしま農園
〒506-0044 岐阜県高山市上切町378番地
電話番号0577-33-6216 ファックス0577-32-3346
HP担当・店長 与嶋靖智
 ・・・年中無休・ファックス&メールは24時間受け付け・・・ 
飛騨高山宮川朝市直売店は午前中開店。
店長・農園主の与嶋靖智です。「食を通じた、心と体の健康」を広めていくことが、私たちの一番の願いです。 農家としてできるこの仕事を続けていけることに、皆様へ心より感謝申し上げます。
お問い合わせメール

   このページのトップに戻る
Copyright©yaunori yoahima All rights reserved.